[標準単価] (リソース フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   通貨レート

エントリの種類   入力済み

説明    [標準単価] フィールドには、リソースの標準作業時間 (超過作業時間を含まない) に対する支払いの単価が表示されます。

使用のポイント    [標準単価] フィールドをリソース ビューに追加して、リソースの標準作業時間に対する支払いの単価をシートに直接入力します。リソースが実績作業時間を報告するたびに、[標準単価] フィールドの値が実績作業時間に掛けられて、この作業時間に対するコストが計算されます。

使用例    山口さんの標準単価は 1 時間 ¥1,000 です。山口さんの標準単価は 1 時間 ¥1,000 です。山口さんがプロジェクトに参加する場合、正確にコストが計算されるようにするには、[標準単価] フィールドに「1,000/h」と入力します。スラッシュ (/) と時間の単位 (この例では h) を入力せずに数字のみ (この例では 1,000) を入力すると、その数字は 1 時間あたりの標準単価として認識されます。

解説    リソースの標準単価は、[リソース情報] ダイアログ ボックスで入力できます。また、既定の標準単価を設定することもできます。[Project のオプション] ダイアログ ボックスを使用します。新しいリソースが作成されるとき、この既定の標準単価が設定されます (標準単価は後で変更できます)。

[リソース情報] ダイアログ ボックスでは、複数の標準単価を設定できます。複数のコスト単価表を使用して、複数のタスクに対してそれぞれ異なる標準単価を設定できます。これは、リソースが複数のタスクを担当し、それぞれに対して異なる単価が設定されている場合に便利です。また、複数の期間に対してそれぞれ異なる標準単価を指定することもできます。これは、特定の日付にリソースの昇給が予定されている場合に便利です。複数の単価を指定すると、[標準単価] フィールドには、現在の期間に対して設定されている単価が表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×