[期間] (タスク フィールド)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

説明    [期間] フィールドには、タスクの作業時間の合計が表示されます。通常はタスクの開始日から終了日までの作業時間数です。

計算方法   Project では、スケジュールされた開始日とタスクの最後の稼働時間数をカウントすることによって、タスクの期間を計算します。これが一般的に、時間を終了するには、タスクの開始からタスクを分割または非稼働日の間の時間数が計算されます。

使用のポイント    タスクの期間は、タスクを作成するときに入力します。[期間] フィールドは、Project を使ってスケジュールを計算するうえで重要な要素の 1 つです。タスクの期間は、ガント チャートにガント バーで表示されます。

使用例    山口さんは、水曜日、木曜日、および金曜日に「企画書作成」のタスクを実行する予定です。青木さんは、水曜日と木曜日に「企画書作成」のタスクを実行する予定です。小林さんは、次の週の月曜日と火曜日に「企画書作成」のタスクを実行する予定です。この場合、この「企画書作成」のタスクの作業時間、つまり期間は、水曜日、木曜日、金曜日、月曜日、および火曜日の 5 日間になります。

解説    自動スケジュール タスクでは、新しいタスクの既定値は 1 日 (1 日?) です。疑問符は期間が見積もり期間であることを示します。疑問符を追加すると、期間は見積もりとして指定されます。疑問符を削除すると、期間は確定します。フィルターを使用してタスクを抽出したり、タスクを並べ替えたりする場合にも、見積もり期間を使用できます。

注: Project 2007 以前のバージョンでは、すべてのタスクが自動的にスケジュールされます。

[Project のオプション] ダイアログ ボックスで、既定値 (1 日) を変更したり、日数以外の単位で新しいタスクの期間を表示したりできます。

自動的にスケジュールされたタスクでは、Project は、計算の開始日と終了日、タスクの依存関係、制約、カレンダー、その他のスケジュール要素と入力した期間を使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×