[最早開始日] (タスク フィールド)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ型    日付

入力の種類    計算結果

説明   [最早開始日] フィールドには、最も早い日付が、タスクを開始できる、 先行処理と後続処理のタスクとその他の制約の最早開始日に基づくが含まれています。

計算方法    最初にタスクを作成したとき、その最早開始日は現行開始日と同じです。タスクに先行タスクや後続タスクとのリンクを設定したり、その他の制約を適用すると、すべての先行タスクと後続タスクが同じように最早開始日に開始されると仮定して、そのタスクを最も早く開始できる日が最早開始日として自動的に計算されます。この計算は、タスクの固定期間に基づいて行われます。タスクに平準化による延期期間があるときは、その期間も考慮に入れて計算されます。

使用のポイント    スケジュールの余裕期間を分析するときに、タスク シートに [最早終了日]、[最遅開始日]、[最遅終了日] フィールドに加えて、[最早開始日] フィールドを挿入します。

使用例    たとえば、いくつかのクリティカル タスクの予定がずれ、プロジェクト全体が大幅に遅れる可能性があるとします。この場合は、[タスク シート] ビューに [最早開始日]、[最早終了日]、[最遅開始日]、[最遅終了日] の各フィールドを挿入し、延期期間を分析して、利用可能な余裕期間を見つけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×