[日付 1] ~ [日付 10] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[日付 1] ~ [日付 10] フィールドは、ユーザーが独自に設定するフィールドです。このフィールドには、タスク、リソース、または割り当ての日付情報を保存します。

[日付 1] ~ [日付 10] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   日付

[日付 1] ~ 10] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント    タスクに関する追加の日付情報を管理するときに、タスク ビューにユーザー設定の日付フィールドを追加します。

使用例    milestone フェーズごとに作業の終了予定日を含めるとします。この場合は、タスク シートに [日付 1] フィールドを追加し、フィールド名を「終了予定日」に変更して、マイルストーン タスクごとに終了予定日を入力します。

解説    ユーザー設定の日付フィールドに入力する日付は、他の計算値には影響しません。日付を入力しない場合は「NA」と表示されます。

ユーザー設定の日付フィールドには、ユーザー設定の値リスト、式、および画像マークを作成できます。また、[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の属性を作成したり、ユーザー設定の日付フィールドの名前を変更することができます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

[構成内容の変更] ダイアログ ボックスで、作成したユーザー設定のフィールドを、すべての属性を含めて他のプロジェクト ファイルにコピーできます。

[日付 1] ~ 10] (リソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント    リソースに関する追加の日付情報を管理するときに、リソース シートにユーザー設定の日付フィールドを追加します。たとえば、入社日、誕生日、プロジェクトの開始日などを管理できます。

使用例    リソースの情報として誕生日を追加するとします。この場合は、[リソース シート] ビューに [日付 1] フィールドを挿入し、フィールド名を「誕生日」に変更します。

解説    ユーザー設定の [日付 1] ~ [日付 10] フィールドに入力する日付は、他の計算値には影響しません。日付を入力しない場合は「NA」と表示されます。

ユーザー設定の日付フィールドには、ユーザー設定の値リスト、式、および画像マークを作成できます。また、[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の属性を作成したり、ユーザー設定の日付フィールドの名前を変更することができます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

[構成内容の変更] ダイアログ ボックスで、作成したユーザー設定のフィールドを、その属性を含めて他のプロジェクト ファイルにコピーできます。

[日付 1] ~ 10] (割り当てフィールド)

エントリの種類   入力済み

使用のポイント    割り当ての日付情報に関する追加情報を管理するには、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート領域に、ユーザー設定の日付フィールドを追加します。

使用例    テーブルには [開始日] フィールドと [終了日] フィールドが既に追加されています。ただし、クリティカル タスクに、割り当ての 50% を終了する予定日を追加することにします。この場合、[日付 1] フィールドを追加し、フィールド名を「中間点」に変更します。クリティカルな割り当てごとに、このフィールドに作業の 50% を終了する予定日を入力します。

解説    ユーザー設定の [日付 1] ~ [日付 10] フィールドに入力する日付は、他の計算値には影響しません。日付を入力しない場合は「NA」と表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×