[既定の割り当て所有者] (リソース フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   列挙型

入力の種類   計算結果

説明    [既定の割り当て所有者] フィールドには、指定した割り当ての状態の入力を担当するエンタープライズ ユーザーの名前が表示されます。このフィールドは Microsoft Office Project Web Access で設定され、Microsoft Office Project 2007 に表示されます。

計算方法   既定の割り当て所有者は、Office Project Web Access のリソース センターで識別され、Office Project 2007 のさまざまな場所に表示されます。

使用のポイント    [既定の割り当て所有者] フィールドをリソース シートに追加して、実績作業時間の入力または割り当ての状態のレポートを担当する担当者の名前を表示します。既定の割り当て所有者は、別の割り当て所有者が指定されていない割り当てすべてについて、レポートする必要があります。また、既定の割り当て所有者は、数量単価型リソース、および標準リソースを割り当てる必要があります。既定の割り当て所有者は、通常 Microsoft Office Project Server 2007 にプロジェクトを発行するプロジェクト マネージャーです。コスト型リソースには、割り当て所有者は指定されません。

使用例   プロジェクトには、タスクに割り当てられた複数の標準リソースおよび数量単価型リソースがあります。これらの割り当ての状態を常に正確にレポートする必要があるため、すべての割り当てに所有者が指定されるようにリソース シートに [既定の割り当て所有者] を追加します。

解説    [リソース情報] ダイアログ ボックスを使用して、既定の割り当て所有者を表示できます。任意のリソースをダブルクリックします。[リソース情報] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[既定の割り当て所有者] ボックスの名前を確認します。

[既定の割り当て所有者] は、ローカル (非エンタープライズ) リソースでは利用できません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×