[文字列 1] ~ [文字列 30] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[文字列 1] ~ [文字列 30] は、ユーザー設定のフィールドです。このフィールドには、プロジェクト内の、タスク、リソース、または割り当てに関するテキスト情報を指定します。[文字列 1] ~ [文字列 30] フィールドに入力できる最大文字数は 255 文字です。

[文字列 1] ~ [文字列 10] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   テキスト

文字列 1 30] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント   ユーザー設定のテキスト フィールドのいずれかのビューに追加するタスクを表示、フィルター、並べ替えるには、またはユーザー設定のテキスト情報を編集する場合。これらのユーザー設定のテキスト フィールドを使用して、さらに、タスクの詳細について説明します。プロジェクトにインポートする自分のプロジェクトに対応するフィールドがない情報の列がある場合は、ユーザー設定フィールドを使用することもことができます。

使用例    各タスクの担当部署を表示するとします。[タスク シート] ビューに [文字列 1] フィールドを追加して、フィールド名を「部署名」に変更します。部署名フィールドを使用してタスクを並べ替えると、担当部署ごとにタスクを表示したり、プロジェクトの組織構造を確認したりできます。

解説    ユーザー設定のテキスト フィールドには値リスト、式、マークを作成することができ、[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の属性を作成したり、テキスト フィールドの名前を変更したりすることができます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

[開催者] ダイアログ ボックスでは、作成したユーザー設定のフィールドを他のプロジェクト ファイルにコピーできます。

文字列 1 30] (リソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント    独自に入力したテキスト情報を表示、フィルターで抽出、並べ替え、または編集するには、リソース ビューにユーザー設定のテキスト フィールドのいずれかを挿入します。リソースの詳細について説明する場合は、このようなユーザー設定のテキスト フィールドを使用します。Project に情報の列をインポートするときに、対応するフィールドがない場合にも、このフィールドを使用します。

使用例    各リソースが所属する部署を表示するとします。[リソース シート] ビューのシート部分に [文字列 1] フィールドを追加して、フィールド名を「部署名」に変更し、リソースごとに部署名を入力します。部署名フィールドを使用してリソースを並べ替えると、部署ごとにリソースを表示したり、プロジェクトの組織的なかかわりを確認したりできます。

解説    ユーザー設定のテキスト フィールドには値リスト、式、マークを作成することができ、[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の属性を作成したり、テキスト フィールドの名前を変更したりすることができます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

[開催者] ダイアログ ボックスでは、ユーザー設定の属性を含め、作成したユーザー設定のフィールドを他のプロジェクト ファイルにコピーすることができます。

文字列 1 30] (割り当てフィールド)

エントリの種類   入力済み

使用のポイント    独自に入力したテキスト情報を表示、フィルターで抽出、並べ替え、または編集するには、[タスク配分状況] ビューまたは リソース[配分状況] ビューのシート部分に、ユーザー設定のテキスト フィールドのいずれかを追加します。割り当ての詳細について説明する場合は、このようなユーザー設定のテキスト フィールドを使用します。Project に情報の列をインポートするときに、対応するフィールドがない場合にも、このフィールドを使用します。

使用例    各割り当ての担当部署を表示するとします。[タスク配分状況] ビューのシート部分に [文字列 1] フィールドを追加し、 割り当てごとに部署名を入力します。部署名フィールドを使用して割り当てを並べ替えると、部署ごとに割り当てを表示したり、プロジェクトの組織構造を確認したりできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×