[後続タスクの WBS 番号] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型    整数リスト

入力の種類     計算結果

説明    [後続タスクの wbs 番号] フィールドには、 successorタスクに関連付けられている作業 breakdown structure (WBS) コードが一覧表示します。タスクと後続タスクは、タスクの依存関係、およびlead timeまたはlag timeの特定の種類によって、タスクにリンクされます。

使用のポイント    タスクの後続タスクを一覧表示するには、タスク シートに [後続タスクの WBS 番号] フィールドを挿入します。また、後続タスクの WBS 番号に基づいてタスクを並べ替え、グループ化、またはフィルターで抽出する場合も、[後続タスクの WBS 番号] フィールドを使用します。各後続タスクは WBS コードで表され、続いてlink type、リード タイムまたはラグ タイムが表示される場合があります。後続タスクのリンク タイプには、[終了 - 開始 (FS)]、[終了 - 終了 (FF)]、[開始 - 開始 (SS)]、および [開始 - 終了 (SF)] があります。リード タイムを入力するには、負の数値を入力し、 ラグ タイムを入力するには、正の数値を入力します。

使用例    独自に設定した WBS コードの構造を使用しているプロジェクトで、スケジュールを分析し、再調整するため、プロジェクトのタスクの後続タスクを確認したいとします。この場合は、[タスク シート] ビューに [後続タスクの WBS 番号] フィールドを挿入します。「見積もりの作成」タスクの [後続タスクの WBS 番号] フィールドに "C.15.c[FS+3 日]" と表示されている場合は、WBS コード C.15.c のタスクがこのタスクの後続タスクであり、両者の間に [終了 - 開始] の依存関係と 3 日間のラグ タイムが指定されていることがわかります。このタスクを終了してから 3 日経過しないと、後続タスク C.15.c は開始できません。

解説    [タスクのリンク] コマンドを使用すると、選択したタスク間に、ラグ タイムが 0 で依存関係が [終了 - 開始] のリンクを設定できます。ガント チャートのチャート部分または [ネットワーク ダイアグラム] ビューで、あるタスクを別のタスクにドラッグしてリンクを設定することもできます。[タスク情報] ダイアログ ボックスで、他の依存タイプと、リード タイムまたはラグ タイムを必要なタスクに設定できます。

後続タスクが複数ある場合は、すべての後続タスクをカンマやセミコロンなどのlist-separator characterで区切ったリストが表示されます。

後続タスクに WBS コードが割り当てられていない場合は、このフィールドは空白になります。

後続タスクが別のプロジェクトのタスクである場合、[後続タスクの WBS 番号] フィールドには、WBS コードのほかに、タスクのフル パス名も表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×