[差し込みフィールドの挿入] ダイアログ ボックス

[差し込みフィールドの挿入] ダイアログ ボックスでは、このダイアログ ボックスで、名、電話番号、寄贈者の寄付金額などの、個々のフィールドの情報を挿入できます。データ ファイルからメイン文書に簡単にフィールドを追加するには、[差し込み文書] タブの [文章入力とフィールドの挿入] グループで、[差し込みフィールドの挿入] の横にある矢印をクリックして、フィールド名をクリックします。

その他のオプションについては、[差し込みフィールドの挿入] をクリックすると、[差し込みフィールドの挿入] ダイアログ ボックスが開きます。

[差し込みフィールドの挿入] ボックス

[差し込みフィールドの挿入] ダイアログ ボックスを使って、次のいずれかの操作を行います。

  • 追加するフィールドのソースを選びます。

    • データ ソース内のフィールドに自動的に対応する住所フィールドを選択するには、データ ソースのフィールドと住所フィールドで同じ名前が使われていない場合でも、[住所フィールド] をクリックします。

    • データ ファイルの列から常にデータを直接取得するフィールドを選択するには、[データベース フィールド] をクリックします。

  • 差し込みフィールドを文書に追加するには、[フィールド] ボックスで目的のフィールドをクリックし、[挿入] をクリックします。 追加するフィールドごとにこの手順を繰り返し、[閉じる] をクリックします。

  • [フィールドの対応] ダイアログ ボックスが表示される場合は、フィールドの挿入に必要な情報の一部を見つけることができなかった可能性があります。[(対応なし)] の横にある矢印をクリックし、差し込み印刷に必要なフィールドに対応する、データ ソースのフィールドを選びます。

注: [データベース フィールド] リストでフィールドを選んで挿入した後、データ ソースを列の名前が同じでないデータ ソースに変更した場合、そのフィールド情報は差し込み印刷した文書に挿入されません。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×