[実際の達成率] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   パーセンテージ

エントリの種類   入力済み

説明    [実際の達成率] フィールドには、BCWP (Budgeted Cost of Work Performed) を計算する代わりに使用する、直接入力された達成率が表示されます。このフィールドは、「達成額の達成率」と呼ばれることもあります。 

使用のポイント    自動計算された達成率では実績作業が正しく反映されない場合は、タスク ビューに [実際の達成率]  フィールドを挿入し、達成率を入力します。[達成率] フィールドは総期間または実績期間の値を使用して BCWP を算出しますが、[実際の達成率] フィールドは [達成率] フィールドとは異なり、総期間または実績期間の影響を受けません。

使用例    たとえば、100 個の石材を 5 段に積み重ねた石の壁を建築するプロジェクトがあるとします。1 段目の 20 個は 20 分で並べることができますが、2 段目の 20 個を積むには石材を 1 段上に持ち上げなければならないので 25  分かかります。3 段目には 30 分、4 段目には 35 分、最後の段には 40 分かかるので、全体で 150 分かかります。最初の 3 段を積み上げると、100 個のうち 60 個の積み上げが完了したことになります。この時点で、プロジェクトが実際に 60% 完了したことになります。この時点で、プロジェクトが実際に 60% 完了したという見方もできます。しかし、150  分のうち 75 分しかかかっていないため、期間の点では 50% しか完了していないことになります。この場合は、[ガント チャート] ビューに [実際の達成率] フィールドを挿入し、このタスクの達成率を入力して、進捗状況を監視できます。

支払い基準、つまり、石材の個数と時間数のどちらを達成基準にするかに応じて、自動計算される達成率か、入力した実際の達成率のいずれかを選択し、適切な値を達成額の分析に反映できます。

解説    既定では、達成額の計算には [達成率] フィールドが使用されますが、任意のタスクに対してこの設定を変更し、 [実際の達成率] フィールドを使用できます。

タスクの達成額の計算方法は、[タスク情報] ダイアログ ボックスで設定することもできます。

新しく作成するすべてのタスクで使用する既定の達成額の計算方法を設定するには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスを使用します。このダイアログ ボックスで、11 個の基準計画の中から、達成額の計算に使用する基準計画を選択することもできます。

既定では、 [実際の達成率] フィールドは [進捗管理] テーブルに表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×