[実績作業時間] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[実績作業時間] フィールドには、タスクに割り当てられているリソースによって実際に費やされた作業時間が表示されます。timephasedのフィールドには、時間経過に沿って配分された値が表示されます。

[実績作業時間] フィールドには、複数のカテゴリがあります。

データ型   期間

[実績作業時間] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    最初にタスクを作成したとき、達成率または実績作業時間を入力することによってプロジェクトの進捗管理を始めるまで、[実績作業時間] フィールドは「0 時間」として表示されます。達成率、作業時間の達成率、または実績作業時間を入力すると、タスクの実績作業時間が自動的に更新されます。

タスクの [実績作業時間] フィールドに値を入力すると、入力した実績作業時間が、割り当てられたリソース間で配分されます。

使用のポイント    タスクの実績作業時間を表示、フィルターで抽出、または編集するには、[実績作業時間] フィールドをタスク ビューに追加します。プロジェクトの進行中は、[基準作業時間] フィールドと比較することで、当初の計画と照らし合わせながら実績作業時間を評価できます。

使用例    青木さん、小林さん、および山口さんには、「企画書の作成」タスクとして、30 時間の作業が割り当てられています。このとき、[実績作業時間] フィールドを見ると、割り当てられたリソースからこれまでに報告された実績作業時間 (15 時間など) を確認できます。

解説    既定では、タスクについて入力された達成率の値に基づき、割り当ての実績作業時間が自動的に計算されます。この設定を無効にするには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスを使用します

タスクの達成率が 100% のとき、実績作業時間が 0 の場合、[作業時間] フィールドの値が、割り当てられたリソースの [実績作業時間] フィールドにコピーされます。

既定では、実績作業時間または達成率を入力すると、状況報告日を基準に実績作業時間と残存作業時間が自動的に調整されます。必要に応じて、プロジェクト内でこれらの進捗管理フィールドを元のスケジュールのままにしておくことが可能です。つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。この操作は、[Project のオプション] ダイアログ ボックスで行うことができます

[実績作業時間] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    タスクの進捗管理が開始されるまで、[実績作業時間] フィールドは 「0 時間」として表示されます。実績作業時間はリソースごとに自動的に計算されます。各リソースに割り当てられたすべてのタスクを対象に、報告されたすべての値が集計され、実績作業時間の合計が割り出されます。

使用のポイント    リソースの実績作業時間を表示またはフィルターするには、[実績作業時間] フィールドをリソース ビューに追加します。このフィールドは、タスクの完了後、将来のプロジェクトに対するコストや人件費の見積もりに役立てることができます。

使用例    青木さんの実績作業時間を追跡しているとします。このとき、[実績作業時間] フィールドを見ると、青木さんに割り当てられているすべてのタスクについて、これまで報告されている作業時間の合計 (150 時間など) を確認できます。

[実績作業時間] (割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    プロジェクトの進捗管理が開始されるまで、[実績作業時間] フィールドは「0 時間」として表示されます。タスクの実績作業時間または作業時間の達成率を入力すると、割り当ての実績作業時間の値が自動的に更新されます。

使用のポイント    特定のタスクに対する割り当ての実績作業時間を表示、フィルター、または編集するには、[実績作業時間] フィールドを [タスク配分状況] ビューのシート部分に追加します。特定のリソースに対する割り当ての実績作業時間を表示、フィルター、または編集するには、このフィールドを [リソース配分状況] ビューのシート部分に追加します。実績作業時間と基準作業時間の値を比較することにより、プロジェクトが当初の計画どおりに進行しているかどうかを確認できます。

使用例    青木さんには、「企画書の作成」タスクについて、20 時間が割り当てられています。このとき、[実績作業時間] フィールドを見ると、青木さんからこれまでに報告された作業時間 (9 時間など) を確認できます。

解説    既定では、タスクについて入力された達成率の値に基づき、割り当ての実績作業時間が自動的に計算されます。この計算方法を無効にするには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスを使用します

既定では、実績作業時間または達成率を入力すると、状況報告日を基準に実績作業時間と残存作業時間が自動的に調整されます。必要に応じて、プロジェクト内でこれらの進捗管理フィールドを元のスケジュールのままにしておくことが可能です。つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。[Project のオプション] ダイアログ ボックスで、これらの設定を調整できます。

状況報告日を今日以外の日付に設定するには、[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスを使用します。

[実績作業時間] (タイム スケール領域のタスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    最初にタスクを作成したとき、達成率または実績作業時間を入力することによってプロジェクトの進捗管理を始めるまで、[実績作業時間] フィールドは「0 時間」として表示されます。達成率、作業時間の達成率、または実績作業時間を入力すると、時間経過に沿って配分された実績作業時間が自動的に計算されます。

タスクの [実績作業時間] フィールドに値を入力すると、その値が、割り当てられたリソース間で配分されます。

使用のポイント    タスクの実績作業時間を表示または編集するには、[実績作業時間] フィールドを [タスク配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。この情報は、タスクの完了後、将来のプロジェクトに対するコストや人件費の見積もりに役立てることができます。

使用例    青木さん、小林さん、および山口さんには、「企画書の作成」タスクとして、60 時間の作業が割り当てられています。この場合、[タスク配分状況] ビューの [実績作業時間] フィールドを見ると、3 人から現時点で報告されている実績作業時間の合計 (27 時間など) と時間配分 (月曜日から水曜日にかけて 1 日、1 人あたり 3 時間など) を確認できます。

解説    タスクの実績作業時間をタイムスケール領域に入力した場合、その値が複数の割り当てに対して配分されます (割り当てられた各リソースにその時点で予定されている作業時間と同じ比率で配分されます)。

[実績作業時間] (タイム スケール領域のリソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    タスクの進捗管理が開始されるまで、[実績作業時間] フィールドは 「0 時間」として表示されます。実績作業時間はリソースごとに自動的に計算されます。各リソースに割り当てられたすべてのタスクを対象に、報告されたすべての値が集計され、実績作業時間の合計が時間経過に沿って配分されます。

使用のポイント    リソースに対する割り当ての実績作業時間を表示またはフィルターで抽出するには、[実績作業時間] フィールドを [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。このフィールドは、タスクの完了後、将来のプロジェクトに対するコストや人件費の見積もりに役立てることができます。

使用例    青木さんから、過去数週間にわたって報告された実績作業時間を調べる必要があるとします。このとき、タイムスケール領域の [実績作業時間] フィールドを見ると、過去 3 週間に割り当てられていたすべてのタスクについて、青木さんから報告された 1 日あたりの実績作業時間 (6 時間など) を確認できます。

[実績作業時間] (タイム スケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    プロジェクトの進捗管理が開始されるまで、[実績作業時間] フィールドは「0 時間」として表示されます。タスクまたは割り当ての実績作業時間または達成率を入力すると、実績作業時間を時間経過に沿って配分された値が自動的に計算されます。

使用のポイント    特定のタスクに対する割り当ての実績作業時間を、時間経過に沿った形で表示または編集するには、[実績作業時間] フィールドを [タスク配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。特定のリソースに対する割り当ての実績作業時間を、時間経過に沿った形で表示または編集するには、このフィールドを [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。

使用例    青木さんには、「企画書の作成」タスクについて、20 時間が割り当てられています。このとき、タイムスケール領域の [実績作業時間] フィールドを見ると、青木さんからこれまでに報告された作業時間 (9 時間など) と時間配分 (月曜日から水曜日にかけて、1 日あたり 3 時間ずつなど) を確認できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×