[実績コスト] フィールド

[実績コスト] フィールドには、resourcesがタスクに対して既に実行したworkで発生したコストが、そのタスクに関連して記録されているその他のあらゆるコストと共に表示されます。このtimephasedのフィールドには、時間経過に沿って配分された値が表示されます。

[実績コスト] フィールドには、複数のカテゴリがあります。

データ型   通貨

[実績コスト] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    タスクについてのactual workが報告されない限り、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。タスクに割り当てられた各リソースによって実績作業時間が報告されたときに、すべての実績コストが計算されるようにすることもできます。これは、実績作業時間のコストに、それまでタスクに費やされたすべての固定コストを足した値になります。実績コストが計算されるタイミングと計算方法は、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + リソースの導入コスト + タスクの固定コスト

使用のポイント    タスクによって生じた費用を確認するには、[実績コスト] フィールドをtask viewに追加します。タスクの進行中、このフィールドを見ることで、費用がbudgetの範囲内に収まっているかを確認できます。この情報は、プロジェクトの完了後も、将来のプロジェクトのコスト見積もりに役立てることができます。

使用例    durationが 10 時間のタスクのコストを管理しているとします。このタスクに割り当てられているリソースのコストは 1 時間あたり ¥2,000 で、このリソースからの報告によると、現在、タスクは 50% 完了しています。このとき、Microsoft Office Project によって計算される、これまでの実績コストは ¥10,000 です。タスクが 100% 完了したとき、実績コストは ¥20,000 として計算されることになります。

解説    実績コストの計算方法 (直接入力または自動計算) は必要に応じて指定できます。これには、[プロジェクトのオプション] ダイアログ ボックスを使用します。既定では、コストを自動的に計算するオプションがオンになっています。このオプションをオンにした場合、それまで自分で入力した実績コストはすべてクリアされます。実績コストを直接入力するように選択した場合、実績コストの値は自動計算されません。ただし、残存コストについては、remaining workの値に基づいて引き続き計算されます。実績コストを自動的に計算することを選択した場合は、タスクの達成率が 100% になるまで、実績コストを入力できません。

実績コストは直接入力することも、Project で自動的に計算することもできます。また、割り当ておよびタスクに対する実績コストをtimephased ベースで入力することも可能です。さらに、固定コストの計上方法 (タスクの開始時に計上、終了時に計上、または比例計上) を設定することもできます。

[実績コスト] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    割り当てタスクの作業時間について、リソースから何の報告もない場合、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。リソースからactual workが報告されると、Project でactual costが計算されます。これは、実績作業時間のコストに、そのリソースの導入コストを足した値になります。実績コストが計算される方法とタイミングは、実績作業時間と実績overtime作業時間のほか、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + 導入コスト

使用のポイント    リソースの実績作業時間、時間単価、および、その他の発生コストに基づいて、リソースに割り当てられたすべてのタスクの結果として生じた費用を確認するには、[実績コスト] フィールドをresource viewに追加します。また、プロジェクトの完了時には、この情報を基に、将来のプロジェクトの人件費を見積もることができます。

使用例    プロジェクトのdurationを通じて、15 種類のタスクに割り当てられているリソースのコストを管理しているとします。このリソースに対して発生しているコストは、[実績コスト] フィールドを見ることによっていつでも確認できます。プロジェクトの完了時、このリソースに費やされたbudgetを [実績コスト] フィールドで確認し、その情報をコスト分析や将来計画に役立てることができます。

[実績コスト] (割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    assignmentについてのactual workが報告されない限り、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。タスクに割り当てられているリソースによって実績作業時間が報告されたときに、すべての実績コストが自動的に計算されるようにすることもできます。これは、実績作業時間のコストに、その割り当ての導入コストを足した値になります。実績コストが計算されるタイミングと計算方法は、実績作業時間と実績overtime作業時間のほか、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、割り当てられた標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + 導入コスト

使用のポイント    割り当てられているリソースの実績作業時間と時間単価、および、その他あらゆるコストを含め、割り当ての結果として生じた費用を表示または編集するには、[実績コスト] フィールドを [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのsheet部分に追加します。タスクの進行中、このフィールドを見ることで、費用がbudgetの範囲内で収まっているかを確認できます。この情報は、タスクの完了後も、他のタスクや将来のプロジェクトのコスト見積もりに役立てることができます。

使用例    durationが 10 時間のタスクについて、リソース割り当てのコストを管理しているとします。割り当てられているリソースのコストは 1 時間あたり ¥2,000 で、このリソースからの報告によると、現在、割り当ては 50% 完了しています。このとき、この割り当てに対してこれまで発生している実績コストは ¥10,000 と計算されます。割り当てが 100% 完了したとき、実績コストは ¥20,000 として計算されることになります。

解説    実績コストの計算方法 (直接入力または自動計算) を指定するには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスに移動します。既定では、コストを自動的に計算するオプションがオンになっています。実績コストを直接入力するように選択した場合、実績コストの値は自動計算されません。ただし、残存コストについては、remaining workの値に基づいて引き続き計算されます。実績コストを自動的に計算することを選択した場合は、タスクの達成率が 100% になるまで、実績コストを入力できません。

実績コストを直接入力するように選択した場合は、割り当ておよびタスクに対する実績コストをtimephasedベースで入力することもできます。

[実績コスト] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    タスクについてのactual workが報告されない限り、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。タスクに割り当てられているリソースによって実績作業時間が報告されたときに、すべての実績コストが自動的に計算されるようにすることもできます。これは、実績作業時間のコストに、それまでタスクに費やされたすべての固定コストを足した値になります。実績コストが計算されるタイミングと計算方法は、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + リソースの導入コスト + タスクの固定コスト

使用のポイント    タスクの結果として生じた費用を表示するには、[タスク配分状況] viewのタイムスケール領域に [実績コスト] フィールドを追加します。タスクの進行中、このフィールドを見ることで、費用がbudgetの範囲内に収まっているかを確認できます。この情報は、タスクの完了後も、他のタスクや将来のプロジェクトのコスト見積もりに役立てることができます。

使用例    作業期間として月曜日から木曜日までを予定している「企画書の作成」タスクに、小林さんと山口さんが割り当てられているとします。この 2 人にかかるコストは、いずれも 1 時間あたり ¥2,000 で、2 人からの報告によると、タスクに対する実績作業時間は 20 時間となっています。そこで、[タスク配分状況] ビューのタイムスケール領域に [実績コスト] フィールドを追加し、5 時間 × 4 日間の時間配分がなされていることを確認しました。したがって、月曜日から木曜日の時間配分ベースの実績コストは、1 日あたり ¥10,000 になります。

解説    実績コストの計算方法 (直接入力または自動計算) は必要に応じて指定できます。これには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスを使用します。既定では、コストを自動的に計算するオプションがオンになっています。実績コストを直接入力するように選択した場合、実績コストの値は自動計算されません。ただし、残存コストについては、remaining workの値に基づいて引き続き計算されます。実績コストを自動的に計算することを選択した場合は、タスクの達成率が 100% になるまで、実績コストを入力できません。

[実績コスト] (タイムスケール領域のリソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    割り当てタスクの作業時間について、リソースから何の報告もない場合、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。リソースからactual workが報告されると、Project で実績コストが計算されます。これは、実績作業時間のコストに、そのリソースの導入コストを足した値になります。実績コストが計算される方法とタイミングは、実績作業時間と実績overtime作業時間のほか、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + 導入コスト

使用のポイント    リソースの実績作業時間、時間単価、および、その他の発生コストに基づいて、リソースに割り当てられたすべてのタスクの結果として生じた費用を表示するには、[実績コスト] フィールドを [リソース配分状況] viewのタイムスケール領域に追加します。また、プロジェクトの完了時には、この情報を基に、将来のプロジェクトの人件費を見積もることができます。

使用例    1 時間あたりのコストが ¥1,000 である青木さんには、プロジェクトのdurationを通じて、15 種類のタスクが割り当てられているとします。[リソース配分状況] ビューのtimephasedに、[実績コスト] フィールドを追加することにより、青木さんのこれまでの作業で発生した実績コストを確認できます。稼働日 1 日あたりの、時間配分ベースの実績コスト値を表示することもできます (8 時間 × ¥1,000/時間 = ¥8,000 など)。青木さんのassignment unitsが少ないほど、実績コスト値は低くなります。逆に青木さんの作業時間が超過した場合、実績コスト値は高くなります。

[実績コスト] (タイムスケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    assignmentについてのactual workが報告されない限り、[実績コスト] フィールドには [0.00] と表示されます。タスクに割り当てられているリソースによって実績作業時間が報告されたときに、すべての実績コストが自動的に計算されるようにすることもできます。これは、実績作業時間のコストに、それまでの割り当ての導入コストを足した値になります。実績コストが計算されるタイミングと計算方法は、実績作業時間と実績overtime作業時間のほか、[リソース情報] ダイアログ ボックスで、割り当てられた標準単価、超過単価、導入コスト、コスト計上の時期がそれぞれどのように設定されているかによって異なります。

実績コスト = (実績作業時間 * 標準単価) + (実績超過作業時間 * 超過単価) + 導入コスト

使用のポイント    実績作業時間、割り当てられているリソースの時間単価、およびその他の時間経過に沿ったコストに基づいて、割り当ての結果として生じた費用を表示するには、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] viewのシート部分に [実績コスト] フィールドを追加します。タスクの進行中、このフィールドを見ることで、費用がbudgetの範囲内に収まっているかを確認できます。この情報は、タスクの完了後も、他のタスクや将来のプロジェクトのコスト見積もりに役立てることができます。

使用例    作業期間として月曜日から木曜日を予定している「企画書の作成」タスクには、小林さんが割り当てられています。小林さんの標準単価は 1 時間あたり ¥2,000 です。小林さんの報告によれば、作業時間は 20 時間となっています。この割り当ての [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューを確認したところ、5 時間 × 4 日間の時間配分がなされていることがわかりました。したがって、月曜日から木曜日の時間配分ベースの実績コストは、1 日あたり ¥10,000 になります。

解説    実績コストの計算方法 (直接入力または自動計算) を指定するには、[Project のオプション] ダイアログ ボックスに移動します。コストを自動的に計算するオプションをオンにした場合、それまで自分で入力した実績コストはすべてクリアされます。既定では、このオプションが選択されています。実績コストを直接入力するように選択した場合、実績コストの値は計算されません。ただし、残存コストについては、残存作業時間の値に基づいて引き続き計算されます。実績コストを自動的に計算することを選択した場合は、タスクの達成率が 100% になるまで、実績コストを入力できません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×