[場所]

[場所] ダイアログ ボックスを使用すると、監視サーバーで監視する場所を指定し、インポートした各場所に関する通知を制御するのに使用する、カスタムまたは既定のしきい値の設定を表示または編集することができます。監視サーバー管理パックは、カスタムおよび既定のしきい値を使用して、ネットワークの場所でメディア品質が低下した場合に、どの時点で通知を送信するかを決定します。監視サーバー管理パックを使用してメディア品質をほぼリアルタイムで監視しておらず、パフォーマンス カウンタも監視していない場合、このダイアログ ボックスで構成を変更する必要はありません。

[場所]

監視サーバーによる場所の監視を有効にするかどうかを指定します。特定の場所の監視を有効にするには、その場所の名前の横のチェック ボックスをオンにします。インポートした場所の監視を無効にするには、チェック ボックスをオフにします。

特定の場所の各パフォーマンス カウンタのカスタムしきい値設定を表示または変更するには、場所をクリックし、[しきい値] をクリックします。

[既定の設定]

インポートしたすべての場所の既定のしきい値の設定を表示または変更するには、[既定] をクリックします。これにより、各パフォーマンス カウンタの既定のしきい値の設定を編集できます。これらの既定の設定は、カスタムのしきい値設定が有効になっていない、インポートしたすべての場所に対して使用されます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×