[場所の設定]

[場所の設定] ダイアログ ボックスを使用すると、選択した場所のパフォーマンス カウンタのしきい値設定を設定できます。監視サーバー管理パックでは、これらのしきい値を使用して、ネットワークの場所でメディア品質が低下した場合に、どの時点で警告およびエラー通知を送信する必要があるかを決定します。監視サーバー管理パックを使用してメディア品質をほぼリアルタイムで監視しない場合、このダイアログ ボックスで構成を変更する必要はありません。

[設定]

2 つのしきい値オプションがあります。各場所について、次のいずれかをクリックします。

[既定のしきい値を適用]。監視する各パフォーマンス カウンタの警告レベル、エラー レベル、および最小通話ボリュームについて既定値を適用します。

[カスタムのしきい値を適用]。監視する各パフォーマンス カウンタの警告レベル、エラー レベル、および最小通話ボリュームをカスタマイズします。カスタマイズするパフォーマンス カウンタをクリックし、[しきい値の編集] をクリックします。これにより、各パフォーマンス カウンタのしきい値設定を編集できます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×