[基準計画0 残存累積作業時間] ~ [基準計画10 残存累積作業時間] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

基準計画 0 ~ 10 残存累積作業時間] フィールドは、タスクに割り当てられているすべてのリソースに予定されている残りの金額を含むときに、基準計画を設定します。

[残存累積作業時間] フィールドには、3 つのカテゴリがあります。

データ型   期間

基準計画 0 ~ 10 残存累積作業時間] (タイム スケール領域のタスク フィールド)

入力の種類   計算

計算方法    基準計画を保存すると、その時点でのタスクの時間配分の残存累積作業時間が、タスクの [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。使用される [基準計画 残存累積作業時間] フィールド ([基準計画 残存累積作業時間]、[基準計画1 残存累積作業時間]、[基準計画2 残存累積作業時間]、など) は、保存された基準計画 (基準計画、基準計画 1、基準計画 2、など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準計画の残存累積作業時間とこれまでのタスクの現在の時間単位の残存累積作業時間を比較する場合は、[タスク配分状況] ビューの時間配分 (タイムスケール領域) に、[基準計画0 残存累積作業時間] ~ [基準計画10 残存累積作業時間] フィールドのいずれかを追加します。また、複数の基準計画を使用して、プロジェクト期間のさまざまな時点で保存された基準計画の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存したとします。その 1 か月後、プロジェクトの見通しに変更が生じたため、基準計画 1 として 2 つ目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、3 つ目の基準計画を基準計画 2 として保存したとします。次に、タスクに関する 3 つの基準計画の残存累積作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準作業1 時間]、[基準作業2 時間] フィールドを追加します。

解説    プロジェクトの基準計画を設定するまで、[基準計画 残存累積作業時間] フィールドは空白となります。基準計画は、[プロジェクト] タブで設定します。これにより、[残存累積作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画 0 ~ 10 残存累積作業時間] (タイム スケール領域のリソース フィールド)

入力の種類   計算

計算方法    基準計画を保存すると、その時点でのリソースの時間配分の残存累積作業時間が、リソースの [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。使用される [基準計画 残存累積作業時間] フィールド ([基準計画 残存累積作業時間]、[基準計画1 残存累積作業時間]、[基準計画2 残存累積作業時間]、など) は、保存された基準計画 (基準計画、基準計画 1、基準計画 2、など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準計画の累積作業時間とこれまでのリソースの現在の時間単位の累積作業時間を比較する場合は、[リソース配分状況] ビューの時間配分 (タイムスケール領域) に、[基準計画0 残存累積作業時間] ~ [基準計画10 残存累積作業時間] フィールドのいずれかを追加します。また、複数の基準計画を使用して、プロジェクト期間のさまざまな時点で保存された基準計画の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存したとします。その 1 か月後、プロジェクトの見通しに変更が生じたため、基準計画 1 として 2 つ目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、3 つ目の基準計画を基準計画 2 として保存したとします。次に、リソースに関する 3 つの基準計画の残存累積作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準作業1 時間]、[基準作業2 時間] フィールドを追加します。

解説    プロジェクトの基準計画を設定するまで、[基準計画 残存累積作業時間] フィールドは空白となります。基準計画は、[プロジェクト] タブで設定します。これにより、[残存累積作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。

基準計画 0 ~ 10 残存累積作業時間] (タイム スケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類   計算

計算方法    基準計画を保存すると、その時点での割り当ての時間配分の残存累積作業時間が、割り当ての [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。使用される [基準計画 残存累積作業時間] フィールド ([基準計画 残存累積作業時間]、[基準計画1 残存累積作業時間]、[基準計画2 残存累積作業時間]、など) は、保存された基準計画 (基準計画、基準計画 1、基準計画 2、など) によって異なります。

使用のポイント    複数の基準計画を保存し、基準計画の残存累積作業時間とこれまでの割り当ての現在の時間単位の残存累積作業時間を比較する場合は、[タスク配分状況] または [リソース配分状況] ビューの時間配分 (タイムスケール領域) に、[基準計画0 残存累積作業時間] ~ [基準計画10 残存累積作業時間] フィールドのいずれかを追加します。また、複数の基準計画を使用して、プロジェクト期間のさまざまな時点で保存された基準計画の値を比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存したとします。1 か月前にプロジェクトの範囲が変更され、2 つ目の基準計画を基準計画 1 として保存したとします。その後、さらに調整をして、3 つ目の基準計画を基準計画 2 として保存したとします。次に、割り当てに関する 3 つの基準計画の時間単位の作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準作業1 時間]、[基準作業2 時間] フィールドを追加します。

解説    プロジェクトの基準計画を設定するまで、[基準計画 残存累積作業時間] フィールドは空白となります。基準計画は、[プロジェクト] タブで設定します。これにより、[残存累積作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準計画 残存累積作業時間] フィールドにコピーされます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×