[基準計画 1 成果物の終了日] ~ [基準計画 10 成果物の終了日] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   日付

入力の種類   計算または入力

説明   ([基準計画 1 成果物の終了日から、[基準計画 10 成果物の終了) 基準成果物の終了日] フィールドには、対応するプロジェクトの基準計画に保存されている成果物の予定終了日が含まれています。[基準計画 1 成果物の終了] フィールドには、基準計画 1 が保存されているとき成果物の終了日が格納されます。同様に、[基準計画 2 成果物の終了フィールド ストアの [基準計画 10 成果物の終了にすると、基準計画 2 ~ [基準計画 10 が保存されている場合、成果物の終了日が計画されています。

計算方法    特定のプロジェクト番号に対するプロジェクトの基準計画を設定するまで、[基準計画 1 成果物の終了日] ~ [基準計画 10 成果物の終了日]フィールドには「NA」が入力されます。基準計画を保存すると、[成果物の終了日] フィールドの現在の値が、該当する [基準計画の成果物の終了日] フィールドにコピーされます。使用する基準計画成果物の終了日フィールド (たとえば、[基準計画 6 成果物の終了日] は、保存した基準計画 (たとえば、基準計画 6) によって異なります。

使用のポイント    成果物の終了タスクが別の「スナップショット」の時間どおりに終了するようにスケジュールされた時間を確認する必要がある場合は、[基準計画 1 成果物の終了日] ~ [基準計画 10 成果物の終了日] フィールドのいずれかをタスク シートに追加します。異なる時間ポイントで成果物の終了日の差異を確認するために、スケジュールされた [成果物の終了日] フィールドまたは以前の [基準計画の成果物の終了日] フィールドを追加することもできます。

使用例    2 か月前にプロジェクトを開始し、最初のプロジェクトの基準計画を保存しました。その 1 か月後、プロジェクトの見通しに変更が生じたため、基準計画 1 として 2 つ目の基準計画を保存しました。それ以降にも、いくつかの調整が生じ、3 つ目の基準計画を基準計画 2 として保存しました。この間の変更がタスクの成果物の終了日にどのように影響を与えているかを確認する必要があります。[タスク シート] に、[基準計画 2 成果物の終了日] フィールドと [成果物の終了日] フィールドの両方を追加します。

解説    基準計画を保存するには、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使用します。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これにより、[成果物の終了日] フィールドの現在の値が対応する [基準計画の成果物の終了] フィールドにコピーされます。

基準計画を保存後、[基準計画 1 成果物の終了日] ~ [基準計画 10 成果物の終了日] フィールドの日付を変更することができます。ただし、編集された基準計画の値によって、基準計画フィールドの再計算が行われることはありません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値の編集によって、情報の整合性が変更され、誤った結論をもたらす可能性があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×