[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) には、タスク、リソース、または割り当てに予定されている 1 人あたりの作業時間の合計が格納されます。[基準計画 1 作業時間] フィールドには、基準計画 1 で保存したタスク、リソース、または割り当ての予定作業時間が格納されます。同様に、[基準計画 2 作業時間] から [基準計画 10 作業時間] フィールドには基準計画 2 から基準計画 10 の予定作業時間が格納されます。時間配分のフィールドには、時間経過に沿って配分された値が表示されます。

[基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   期間

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、現時点でのタスクの現行作業時間の合計が、タスクの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、タスクの基準作業時間と現行作業時間、またはタスクの基準作業時間と実績作業時間を比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) をタスク ビューに挿入します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、3 種類の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] の各フィールドをタスク シートに追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドは 0 日として表示されます。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使ってプロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (リソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、現時点でのリソースの現行作業時間の合計が、リソースの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、リソースの基準作業時間と現行作業時間、またはリソースの基準作業時間と実績作業時間を比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) をリソース ビューに挿入します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、3 種類の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] の各フィールドをリソース シートに追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドは 0 時間として表示されます。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使ってプロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、現時点での割り当ての現行作業時間の合計が、割り当ての対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、割り当ての基準作業時間と現行作業時間、または割り当ての基準作業時間と実績作業時間を比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) を [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート部分に挿入します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、3 種類の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] フィールドを追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドは 0 時間として表示されます。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで、プロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (タイム スケール領域のタスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、現時点でのタスクの現行作業時間が時間経過に沿って配分され、タスクの基準作業時間フィールドにコピーされます。どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、タスクの基準作業時間と現行作業時間、またはタスクの基準作業時間と実績作業時間を時間経過に沿って比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) を [タスク配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、3 種類のタイムスケール領域の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] フィールドを追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドには何も表示されません。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使ってプロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。基準作業時間の合計値を編集しても、タイムスケール領域の基準作業時間の値には反映されません (その逆も同様)。

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (タイム スケール領域のリソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、時間経過に沿って配分された、現時点でのリソースの現行作業時間が、リソースの対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、リソースの基準作業時間と現行作業時間、またはリソースの基準作業時間と実績作業時間を時間経過に沿って比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) を [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、3 種類のタイムスケール領域の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] フィールドを追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドには何も表示されません。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使ってプロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。基準作業時間の合計値を編集しても、タイムスケール領域の基準作業時間の値には反映されません (その逆も同様)。

[基準計画 1 ~ 10 作業時間] (タイム スケール領域の割り当てフィールド)

入力の種類   計算または入力

計算方法    基準計画を保存すると、時間経過に沿って配分された、現時点での割り当ての現行作業時間が、割り当ての対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。どの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] など) が使用されるかは、どの基準計画 (基準計画 1、基準計画 2 など) が保存されているかによって決まります。

使用のポイント    複数の基準計画が保存されているとき、割り当ての基準作業時間と現行作業時間、または割り当ての基準作業時間と実績作業時間を時間経過に沿って比較するには、いずれかの基準作業時間フィールド ([基準計画 1 作業時間] ~ [基準計画 10 作業時間]) を [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのタイムスケール領域に追加します。また、複数の基準計画を使用することにより、プロジェクトのさまざまな時点で保存された基準作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。その 1 か月後、プロジェクトのスコープに変更が生じたため、基準計画 1 として 2 つ目の基準計画を保存しました。それ以降にも、いくつかの調整が生じ、3 つ目の基準計画を基準計画 2 として保存しました。ここで、3 種類のタイムスケール領域の基準作業時間を比較し、分析することになりました。この場合は、[タスク配分状況] ビューに [基準作業時間]、[基準計画 1 作業時間]、[基準計画 2 作業時間] フィールドを追加します。

解説    対応する基準計画を保存するまで、基準作業時間フィールドには何も表示されません。基準計画は、[基準計画の設定] ダイアログ ボックスを使ってプロジェクトの任意の時点で保存できます。目的の基準計画 ([基準計画] または [基準計画  1 作業時間] ~ [基準計画  10 作業時間]) を選択します。これにより、現時点での現行作業時間フィールドの値が、対応する基準作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画を設定した後でも、基準計画の値を編集できます。ただし、基準計画の値を編集しても、基準作業時間フィールドは再計算されません。基準作業時間の合計値を編集しても、タイムスケール領域の基準作業時間の値には反映されません (その逆も同様)。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×