[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

基準計画予算workフィールド ([基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間]) は、予算リソースとして特定される時間単価型リソースおよび数量単価型リソースについて、当初計画された予算作業時間が格納されます。[基準計画 1 予算作業時間] フィールドには、基準計画 1 で保存されたタスク、リソース、または割り当ての予算作業時間が格納されます。同様に、[基準計画 2 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、基準計画 2 ~基準計画 10 で計画された予算作業時間が格納されます。

予算リソースはproject summary taskだけに割り当てられます。予算作業時間は、プロジェクトのサマリー タスクの割り当てレベルで入力または確認するか、プロジェクトのサマリー タスクのレベルに重ね合わせることができます。[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] には、タスク、リソース、または割り当てに予定されている 1 人あたりの作業時間の合計が表示されます。これらのフィールドをtimephasedで示したフィールドには、同じ 1 人あたりの作業時間が時間経過と共に表示されます。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] フィールドには複数のカテゴリがあります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タスク フィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業時間を入力すると、Microsoft Project は合計時間をプロジェクトのサマリー タスクに重ね合わせます。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。基準計画を保存すると、合計の予算作業時間がタスクの対応する基準計画予算作業時間フィールドにコピーされます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント   タスク シートで、プロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] フィールドのいずれかのフィールドと [予算作業時間] フィールドを追加して、基準計画の予算作業時間に関する情報を現在予定されている予算作業時間に関する情報と比較します。さらに、特定の基準計画の予算作業時間を別の基準計画の予算作業時間と比較することもできます。差異を確認して、プロジェクト全体にわたる予算作業時間の値の変化を参照できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。タスク シートで、プロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を追加します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、タスク シートに [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のうち目的のフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (リソース フィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、Project はこの作業量を [予算作業時間] リソース フィールドにコピーします。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。基準計画を保存すると、合計の予算作業時間がリソースの対応する基準計画予算作業時間フィールドにコピーされます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント   リソース シートで、[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のいずれかのフィールドと [予算作業時間] フィールドを追加して、基準計画の予算作業時間に関する情報を現在予定されている予算作業時間に関する情報と比較します。さらに、特定の基準計画の予算作業時間を別の基準計画の予算作業時間と比較することもできます。差異を確認して、プロジェクト全体にわたる予算作業時間の値の変化を参照できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。リソース シートで、プロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を追加します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、リソース シートに [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のいずれかのフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (割り当てフィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、Project はこの作業量を [予算作業時間] 割り当てフィールドにコピーします。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。基準計画を保存すると、合計の予算作業時間が割り当ての対応する基準計画予算作業時間フィールドにコピーされます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューで、[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のいずれかのフィールドと [予算作業時間] フィールドを追加して、基準計画の予算作業時間に関する情報を現在予定されている予算作業時間に関する情報と比較します。さらに、特定の基準計画の予算作業時間を別の基準計画の予算作業時間と比較することもできます。差異を確認して、プロジェクト全体にわたる予算作業時間の値の変化を参照できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。[タスク配分状況] ビューのシート領域で、[基準計画 2 予算作業時間] 列と [予算作業時間] 列の両方を表示します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のうち目的のフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、合計量がタイムスケール領域のタスク レベルに細分化されます。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。基準計画を保存すると、この値は対応する [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域の割り当てフィールド) にコピーされます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のすべてのフィールドを表示するには、[詳細のスタイル] ダイアログ ボックスで追加を行います。ビューに [予算作業時間] フィールドも表示すると、当初計画された予算作業時間の時間配分と現在予定されている予算作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。[タスク配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を追加します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する時間配分情報を表示するには、[タスク配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のうち目的のフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域のリソース フィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、この量がタイムスケール領域のリソース レベルに細分化されます。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。プロジェクトの基準計画を保存すると、この値は [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域のリソース フィールド) に保存されます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のすべてのフィールドを表示するには、[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] ダイアログ ボックスで追加を行います。同様に [予算作業時間] フィールドを追加すると、当初の計画と現在予定されている予算作業時間に関する情報を比較できます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。[リソース配分状況] ビューで、プロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を追加します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する時間配分情報を表示するには、[リソース配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のうち目的のフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域の割り当てフィールド)

データ型   期間

入力の種類   計算または入力

計算方法   予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをproject summary taskに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、この量がタイムスケール領域の割り当てフィールドに細分化されます。

[基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、「0 時間」が、プロジェクトの基準計画を設定するまで表示されます。プロジェクトの基準計画を保存すると、予算作業時間の時間配分された値は対応する [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] (タイムスケール領域の割り当てフィールド) に保存されます。使用される基準計画予算作業時間フィールドは、保存された基準計画によって決まります。たとえば、基準計画 3 を保存した場合、[基準計画 3 予算作業時間] が使用されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のすべてのフィールドを表示するには、[詳細のスタイル] ダイアログ ボックスで追加を行います。これで、選択した基準計画の予算作業時間を確認できます。さらに、[予算作業時間] フィールドを追加すると、選択した基準計画と現在予定されている予算作業時間を比較できます。また、特定の基準計画の予算作業時間を別の基準計画の予算作業時間と比較することもできます。

使用例    2 か月前のプロジェクトの開始時点で、プロジェクトの基準計画を保存しました。1 か月前には、プロジェクトの見通しが変更され、基準計画 1 で 2 番目の基準計画を保存しました。その後、さらに調整をして、基準計画 2 で 3 番目の基準計画を保存しました。ここで、[基準計画 2 予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを比較できます。[タスク配分状況] ビューのタイムシート領域で、[基準計画 2 予算作業時間] 列と [予算作業時間] 列の両方を表示します。

解説    [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] の各フィールドには、時間単価型リソースまたは数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、cost resourcesについては表示されません。プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画 1 予算作業時間] ~ [基準計画 10 予算作業時間] のうち目的のフィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。目的の基準計画を選択します。基準計画または基準計画 1 ~ 基準計画 10 のいずれかです。これで、[予算作業時間] フィールドの現在値が、対応する基準計画の予算作業時間フィールドにコピーされます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×