[型] 図形のデータベース プロパティ (定義)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、名前ありの行型や名前なしの行型を作成します。これらの行型は、テーブルやビューの再使用可能な型定義として機能します。

名前ありの行型は、テーブルの SQL 仕様に基づいており、"型が指定されたテーブル" とも呼ばれます。システムでは、永続的な型の記憶領域として識別されます。名前なしの行型は、永続的な型の記憶領域としては識別されません。

行型では、オブジェクト リレーショナルモデルに実装されるモデルで使用できる複合データ型が作成されます。行型はデータ型として指定できます。

Name

[カラム プロパティ] ダイアログ ボックスの [データ型] タブまたは [型] ウィンドウに表示される複合型の名前を入力します。

既定では、[複合型] での選択に基づいてその型を区別するために、名前にはサフィックスが追加されます。

名前付きの行の種類

その型が別の型のエイリアスではないこと指定します。

重複しない値の種類

型が別の型に基づいており、その型と同じ表現ではあるが、完全に独自の型であることを指定します。

このオプションを選択すると、[フィールド] カテゴリのオプションは選択できません。

Domain

その型が別の型のエイリアスであることを指定します。これは、同じ型の間接的な表現です。

このオプションを選択すると、[フィールド] カテゴリのオプションは選択できません。

注: [ドメイン] を選択すると、[エイリアスのコレクション型] オプションが使用できるようになります。

エイリアス (ドメインが選択されている場合にのみ表示される) のコレクション型

属性の値が 1 つの値、セット、リスト、マルチセットのコレクションのいずれであるかを指定します。リレーショナル データベースでは、どのような属性のコレクション型でも 1 つの値となります。オブジェクト リレーショナル データベースでは、追加のコレクション型を指定できます。

[1 つの値 (カラム)]  コレクション型は 1 つの値で作成されます。1 つのコレクション型を持つレコードのクエリは、1 つの値 (1、a、文字列 1 など) を返します。

[セット]  コレクション型は同じデータ型の値のセットによって作成されます。セット コレクション型を持つレコードのクエリは、値のセット ({1, 2, 3, 4}、{a, b, c}、{文字列 1, 文字列 2, 文字列 3} など) を返します。

[リスト]  コレクション型は同じデータ型の値のリストによって作成されます。セット コレクション型を持つレコードのクエリは、値のリスト ((3, 2, 1, 4)、(b, a, c)、(文字列 2, 文字列 1, 文字列 3) など) を返します。順序が想定されていないセットやマルチセットとは対照的に、ここでは順序が重要です。

[マルチセット]  コレクション型は同じデータ型の値のマルチセット、つまり値の集合によって作成されます。マルチセット コレクション型を持つレコードのクエリは、マルチセット、つまり値の集合 ({1, 1, 2, 3, 3, 3, 3, 4}、{a, b, b, b, c}、{文字列 1, 文字列 2, 文字列 2, 文字列 3} など) を返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×