"問題が発生しました" ページがエラー ADDriverStoreAccessNonLocalException と共に表示される

Office 365 または Azure Active ディレクトリで、プライマリ エイリアスの名前が既存の職場または学校アカウントと同じである場合、このエラーが発生する可能性があります。このエラーを解決するには、次の手順のいずれかを試してください。

アカウントの名前を変更します。

アカウントの名前を変更すると、この問題が解決する場合があります。

  1. 自分の Microsoft アカウントの情報ページにサインインします。

  2. [Microsoft にサインインする方法の管理] を選択します。

  3. [アカウント エイリアス] セクションを確認します。

    • 個人メール アドレスがそこに既に一覧表示されている場合、この手順は省略できます。

    • 学校または職場のメール アドレスのみが表示されている場合、個人メール アドレスを入力するか、Microsoft から新しいアドレスを取得し、[エイリアスの追加] を選択します。

  4. 個人メール アドレスの隣に (プライマリ エイリアス) が表示されていない場合、[プライマリにする] を選択し、それをプライマリ エイリアスに設定します。

  5. 仕事用のメール アドレスの隣にある [削除] を選択すると、それが自分のアカウントから削除されます。

これを行う方法については、「個人用アカウントの名前を変更する」を参照してください。

他のエイリアスのいずれかをプライマリ エイリアスとして設定する

複数のエイリアスをお持ちの場合、別のエイリアスをプライマリ エイリアスとして設定してみてください。

  1. Microsoft アカウント Web サイトにサインインし、必要に応じて追加のセキュリティ情報を入力します。

  2. [ユーザーの情報] を選択します。

  3. [Microsoft にサインインする方法の管理] を選択します。

  4. プライマリに設定したいエイリアスの横にある [プライマリにする] を選択します。

これを行う方法については、「Microsoft アカウントのエイリアスを管理する」を参照してください。

自分のアカウントに別のエイリアスを追加し、プライマリ エイリアスにする

エイリアスが 1 つだけの場合、あるいは他のエイリアスが機能しない場合、自分のアカウントに別のエイリアスを追加し、それをプライマリ エイリアスにしてみてください。

注: 別の Microsoft アカウントに既に関連付けられているエイリアスを追加することはできません。エイリアスは 2 つの Microsoft アカウントの間で情報を共有することはできません。既存の @hotmail.com、@live.com、@outlook.com、@msn.com のアドレスをエイリアスとして追加することはできません。

  1. Microsoft アカウント Web サイトにサインインし、必要に応じて追加のセキュリティ情報を入力します。

  2. [ユーザーの情報] を選択します。

  3. [Microsoft にサインインする方法の管理] を選択します。

  4. [メールの追加] または [電話番号の追加] を選択します。

  5. 指示に従い、新しいエイリアスを設定し、確認します。[メールの追加] を選択した場合、既に持っているメール アドレスを使用するオプションが表示されます。または、新しい Outlook.com メール アドレスを作成できます。

これを行う方法については、「Microsoft アカウントのエイリアスを管理する」を参照してください。

関連トピック

最近の Outlook.com の問題に関する修正プログラムと解決策

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×