[動作履歴を記録する (トラブルシューティング)] オプションの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

診断用には、 Microsoft Outlook for Windows では、特定のOutlook機能のログ記録をオンにするオプションが含まれています。これらのログをサポート スタッフの問題のトラブルシューティングを行うことができます。

この記事の内容

動作履歴のオンとオフを切り替える

動作履歴に記録される情報について

ログ ファイルの場所

管理者向けの情報

動作履歴のオンとオフを切り替える

重要: トラブルシューティングが完了したら、動作履歴をオフにしてください。動作履歴をオフにしないと、ログ ファイルのサイズは増え続けます。

Outlook 2016、 Outlook 2013、およびOutlook 2010   

  1. Outlook で [ファイル] タブ、[オプション]、[詳細設定] の順に移動します。

  2. [その他] の [トラブルシューティングを記録する (Outlook の再起動が必要)] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. Outlook を終了して再起動します。

Outlook 2007 の場合   

  1. Outlook で [ツール]、[オプション] に移動します。

  2. [その他] タブで [詳細オプション] を選びます。

  3. [動作履歴を記録する (トラブルシューティング)] チェックボックスをオンまたはオフにします。

  4. Outlook を終了して再起動します。

注: 

  • Outlook の再起動後、メールの履歴の記録がオンになっていると、Outlook のタイトル バーに「(動作履歴を記録する)」と表示されます。

  • ログ ファイルへのデータの書き込みは、Outlook を終了しないと行われない場合があります。

ページの先頭へ

動作履歴に記録される情報について

動作履歴オプションは次の機能に関する情報を記録します。

  • 次のような、Outlook の機能、ユーザーの操作、オブジェクト モデル、または MAPI Calendar Table によって生成される予定表トランザクション。

    • 受信トレイの自動処理

    • 空き時間情報の発行

    • アラーム

    • 予定表アイテムの操作 (作成、変更、または削除)

    • リソースの予約

    予定表に関する動作履歴の記録機能の主な目的は、たとえば予定表フォルダーから会議が予期せずに削除されるような状況をすばやく特定することです。

  • 空き時間情報の変更

  • オフライン アドレス帳

  • Microsoft Exchange、POP3、インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP)、簡易メール転送プロトコル (SMTP)、および ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) で使用される、Messaging Application Programming Interface (MAPI) のトランザクション。

    これらのアカウントで送受信操作を実行するごとに、一意のログ ファイルが生成されます。

  • Exchange、POP3、SMTP、および IMAP サーバーを使用する通信。

ログ ファイルの表示

ほとんどのログ ファイルはテキスト形式です。 データを保護するために、予定表のログ ファイルは変換処理を行わないと読み取ることができないバイナリ形式で保存されます。 予定表のログ ファイルの詳細については、Microsoft のサポートにお問い合わせください。

ログ ファイルの場所

ログ ファイルは、Temp フォルダーのサブフォルダーに格納されます。 既定では、Temp フォルダーは \AppData\Local フォルダーにあります。

  • c:\Users\username\AppData\Local\Temp

既定では Local Settings フォルダーと AppData フォルダーは表示されません。

Windows の隠しフォルダーを表示するには、次の操作を行います。

  1. Windows で [コントロール パネル] を開きます。

  2. [フォルダー オプション] を開きます。

    • [フォルダー オプション] を見つけるには、ウィンドウの上部にある検索ボックスに、「フォルダー オプション」と入力します。

  3. [表示] タブの [詳細設定、[ファイルとフォルダー] で [非表示のファイルとフォルダー] で、非表示のファイル、フォルダー、および隠しドライブを表示] を選びます。

次の表は、さまざまなテキスト形式のログ ファイルの場所とコンテンツを示します。

ログ ファイルの種類   

サブフォルダー    

ファイル名   

Outlook 2013

Outlook 2010

Outlook 2007

Outlook Autodiscover

Temp

olkdisc.log

なし

あり

Exchange ActiveSync

Temp/EASLogFiles

datafilename.bin

datafilename.xml

あり

×

なし

空き時間情報サービス

Temp/OlkAS

date-time-fb.log

×

なし

あり

空き時間情報サービス、OOF、および会議開催日時の候補

Temp/OlkAS

date-time-AS.log

なし

あり

なし

保護ルール

Temp/OlkAS

date-time-PB4S.log

なし

あり

なし

ユニファイド メッセージング

Temp/OlkAS

date-time-UM.log

なし

あり

なし

ユニファイド メッセージングの設定

Temp/OlkAS

date-time-UMCFG.log

なし

あり

なし

不在

Temp/OlkAS

date-time-oof.log

×

なし

あり

会議開催日時の候補

Temp/OlkAS

date-time-ms.log

×

なし

あり

Outlook カレンダー

Temp/OlCalLogs

OLKCalLog_date-time.etl

あり

交通費

Temp/Outlook Logging

opmlog.log

あり

SMTP

Temp/Outlook Logging

emailaddress-Outgoing-date-time.log

あり

POP3

Temp/Outlook Logging

emailaddress-Incoming-date-time.log

あり

IMAP

Temp/Outlook Logging

IMAP-emailaddress-Incoming-date-time.log

あり

HTTP DAV

Temp/Outlook Logging

HTTP-emailaddress-date-time.log

なし

あり

Outlook Hotmail Connector

Temp/Outlook Logging

OLC-emailaddress-date-time.log

OLC-date-time.log

emailaddress.txt

なし

あり

不在

Temp/Outlook Logging

date-time-oof.log

なし

あり

なし

Outlook プロファイル

Temp/Outlook Logging

PROF_OUTLOOK_threadID_action_year.month.day_hour.minute.second.txt

あり

なし

Outlook の共有エンジン

Temp/Outlook Logging

Sharing Enginedate .log

あり

Outlook-Windows Desktop Search indexing

Temp/Outlook Logging

datafilename.log

あり

Outlook advanced ETW

Temp/Outlook Logging

Outlook-date-time.etl

あり

なし

メール ヒント

Temp/Outlook Logging

date-time-mailtips.log

なし

あり

なし

空き時間

Temp/Outlook Logging

date-time-fb.log

なし

あり

なし

Outlook の共有エンジン

Temp/Outlook Logging

Sharing Enginedatetime-mailtips.log

あり

Outlook の最初の実行プロセス

Temp/Outlook Logging

firstrun.log

あり

管理者向けの情報

管理者は、ログをオンまたはオフにする、レジストリを使用してのログ設定をユーザーに展開することもできます。

  • レジストリを使用して、ログをオンまたはオフにする方法については、 Microsoft サポート技術情報の 831053を参照してください。

  • 既定の Outlook 動作記録設定は、Office カスタマイズ ツール (OCT) の [ユーザー設定の変更] ページで構成できます。または、ローカル グループ ポリシー エディターの Outlook グループ ポリシー テンプレート (outlk15.adm) を使用して、動作記録設定を適用できます。

    重要: パフォーマンスやセキュリティに影響があるので、動作履歴の記録機能の展開はお勧めできません。動作履歴の記録機能は、必要な場合にのみ有効にしてください。

    Outlook のユーザーに動作記録設定を適用するには、次の操作を行います。

    1. グループ ポリシーの Outlook 2013 ポリシー テンプレート Outlk15.adm 内の "User configuration\Administrative templates\Microsoft Outlook 15\Tools | Options\Other\Advanced" で、[メールの履歴を記録する (トラブルシューティング)] をダブルクリックします。[有効] を選んで、設定の構成を有効にします。

    2. [トラブルシューティングを記録する (Outlook の再起動が必要)] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×