[割り当ての平準化可] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型    はい/いいえ

エントリの種類    入力済み

説明   レベルの割り当てフィールドは、 平準化関数が遅延され、割り当て超過を解決するために個々 の割り当て (タスク全体ではなくはない) を分割するかどうかを示します。

使用のポイント    タスクの割り当ての平準化をタスク シートで直接設定するときに、タスク シートに [割り当ての平準化可] フィールドを挿入します。タスク内でそれぞれの割り当てを遅らせて分割できるようにするには、[割り当ての平準化可] フィールドで [はい] をクリックします。平準化の実行時に割り当てが分割されないようにする場合は、[割り当ての平準化可] フィールドで [いいえ] をクリックします。

使用例    1 つのタスクに 6 リソースを割り当てており、そのうちの 1 リソースだけが割り当て超過になっているとします。この場合、タスクの [割り当ての平準化可] フィールドで [はい] をクリックすると、該当の割り当てだけが平準化されます。

解説    [割り当ての平準化可] フィールドの既定値は「はい」です。ただし、定期タスクについては、[割り当ての平準化可] フィールドの既定値は「いいえ」になります。

選択したタスクに [割り当ての平準化可] フィールドの設定を反映させるには、割り当てを平準化できるようにプロジェクトを設定する必要があります。[リソースの平準化] ダイアログ ボックスでこれを実行できます。

それぞれの割り当てを平準化するとタスクの期間が長くなる可能性があるため、期間が長くならないようにタスクの期間を固定した場合は、[割り当ての平準化可] フィールドは「いいえ」に設定され、使用できなくなります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×