[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook でメッセージを削除すると、メッセージは [ゴミ箱] フォルダーに移動されます。このフォルダー内のアイテムは、引き続きコンピューターのハードディスクの領域を占有します。また、アカウントがメールサーバーにメッセージのコピーを残すように設定されている場合は、アカウントのメールボックスに移動します。一部のディスクとメールボックスの領域を解放するには、[ごみ箱] フォルダーを空にすることができます。

複数の電子メールアカウントを持っている場合は、アカウントごとにゴミ箱フォルダーが作成されます。

  1. control を押したまま、 フォルダー一覧の [ゴミ箱] フォルダーをクリックします。

  2. [フォルダーを空にする] をクリックします。

    注: 

    • Windows Live Hotmailアカウントなどのいくつかの種類のメールアカウントでは、事前に定義された時間にゴミ箱フォルダーを自動的に空にします。

    • 一部のメールアカウントでは、Outlook でスケジュールを設定して、定期的にゴミ箱フォルダーを空にすることができます。

    • IMAP アカウントには、削除済みアイテムの保存と表示のためのオプションが複数あります。 環境設定を設定するには、[ツール] メニューの [アカウント] をクリックし、アカウントのリストで IMAP アカウントを選びます。 [詳細設定] をクリックし、[フォルダー] タブをクリックして、[ゴミ箱] の横で、目的のオプションをクリックします。

関連項目

フォルダー間でメッセージを移動またはコピーする

フォルダーを移動または名前を変更する

Time Machine バックアップと Outlook について

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×