[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook でメッセージを削除すると、メッセージは、[削除済みアイテム] フォルダーに移動します。 このフォルダー内のアイテムは、コンピューターのハードディスクを占有し続け、またアカウントの設定が、メール サーバーにメッセージのコピーを残すようになっている場合、アカウントのメール ボックスも占有し続けます。 ディスク容量とメールボックスの容量を開放するには、[削除済みアイテム] フォルダーを空にします。

メール アカウントが複数ある場合は、[削除済みアイテム] フォルダーはアカウントごとに存在します。

  1. Control キーを押して、および [でフォルダー一覧では、 [ゴミ箱]または [削除済みアイテム] フォルダー] をクリックします。

  2. [フォルダーを空にする] をクリックします。

    注記: 

    • Windows Live Hotmail アカウントなどの一部のメール アカウントでは、あらかじめ定義したスケジュールに従って、[削除済みアイテム] フォルダーが自動的に空になります。

    • 一部のメール アカウントで、定期的に削除済みアイテム] フォルダーを空に Outlook でのスケジュールを設定することができます。

    • IMAP アカウントには、削除済みアイテムの保存と表示のためのオプションが複数あります。 環境設定を設定するには、[ツール] メニューの [アカウント] をクリックし、アカウントのリストで IMAP アカウントを選びます。 [詳細設定] をクリックし、[フォルダー] タブをクリックして、[ゴミ箱] の横で、目的のオプションをクリックします。

関連項目

スケジュールを作成、変更、または削除する

フォルダー間でメッセージを移動またはコピーする

フォルダーを移動または名前を変更する

Time Machine バックアップと Outlook について

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×