"制限に達しました" というエラーが表示された場合に Office 365 を非アクティブ化する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

office 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、使用しなくなった PC または Mac で office 365 を非アクティブ化することができます。office 365 のインストールを非アクティブ化しても、office をアンインストールしたり、office ドキュメントを削除したり、office 365 サブスクリプションを取り消すことはできません。

注: このプロセスは web ブラウザーで実行されるため、どのデバイスからでも Office 365 のインストールを非アクティブ化することができます。

office 365 バージョンが自宅または一般法人向けであるかどうかがわからない場合は、「 office プラン」を参照してください。

Office 365 Solo

  1. 任意のデバイスから、 microsoft アカウントにアクセスし、メッセージが表示されたら、microsoft アカウントを使用してページをインストールし、サインインします。

  2. [デバイス] で、Office 365 を非アクティブ化するデバイスを探します。

  3. デバイスの office 365 を非アクティブ化するには、[ office からサインアウト] を選びます。

一般法人向け Office 365

  1. 任意のデバイスから、 https://portal.office.com/Account/#homeに移動し、メッセージが表示されたら職場や学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. [インストールの状態] タイルから [インストールを管理する] を選択します。

  3. [インストールの状態] で [非アクティブ化] を選び、不要になった Office のインストールを非アクティブ化します。

Office 365 を非アクティブ化した後でも、そのデバイスからドキュメントを表示して印刷することはできますが、編集したり新しい文書を作成したりすることはありません。デバイスで office 365 を使用する場合は、メッセージが表示されたら office 365 にサインインする必要があります。

office home & Student、office home & Business、office Professional、または個別の office アプリを非アクティブ化する方法はありません。代わりに、「 Office の再インストール後にライセンス認証を行う」の手順に従って、再インストールしてライセンス認証を行う必要があります。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×