[制約タイプ] (タスク フィールド)

データ型   列挙型

エントリの種類   入力済み

説明    [制約タイプ] フィールドでは、タスクをスケジュールするための制約のタイプを選択できます。選択できるオプションは次のとおりです。

  • [できるだけ遅く] (終了日を基点にしてスケジュールしたプロジェクトの場合の既定値)

  • [できるだけ早く] (開始日を基点にしてスケジュールしたプロジェクトの場合の既定値)

  • [指定日以後に終了]

  • [指定日までに終了]

  • [指定日に開始]

  • [指定日に終了]

  • [指定日以後に開始]

  • [指定日までに開始]

使用のポイント    タスクに設定されている制約のタイプを表示、編集、またはフィルターで抽出するときに、タスク ビューに [制約タイプ] フィールドを挿入します。制約を設定すると、スケジュールが複雑になりスケジュールを自由に設定することが難しくなります。したがって、日付の制約を設定するのは、特定の日付にタスクを開始または終了することが、タスクの完了やプロジェクトの結果にとって重要である場合だけにします。

使用例    日程を確認しながらスケジュールを調整しているとします。タスクのスケジュールがどのような制約に基づいて作成されたのかを調べるには、[タスク シート] ビューに [制約タイプ] フィールドを挿入して、制約のタイプを確認します。制約のタイプは必要に応じて変更できます。

解説    [できるだけ早く] または [できるだけ遅く] 以外の制約については、タスクをスケジュールするときに [制約の指定日] フィールドに日付を入力する必要があります。[開始日] フィールドに日付を入力すると、[指定日以後に開始] の制約が設定され、入力した日付が [制約の指定日] フィールドに表示されます。[終了日] フィールドに日付を入力すると [指定日までに終了] の制約が設定され、入力した日付が [制約の指定日] フィールドに表示されます。

制約のタイプを設定せずに期限を入力するには、[期限] フィールドを使用します。期限を設定しても、タスクのスケジュール方法には影響しません。ただし、タスクの終了日が期限日よりも後にスケジュールされた場合、状況説明マークの列に赤いひし形に感嘆符が付いたアイコンが表示されます。期限は、[期限] フィールドまたは [タスク情報] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブで設定できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×