[制約の指定日] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   日付

エントリの種類   入力済み

説明    [制約の指定日] フィールドには、[指定日に開始]、[指定日に終了]、[指定日以後に開始]、[指定日までに開始]、[指定日以後に終了]、[指定日までに終了] などの、特定の制約のタイプに関連付けられた具体的な日付が表示されます。

使用のポイント    タスクの制約の指定日を調べるときに、タスク ビューに [制約の指定日] フィールドを挿入します。同時に、[制約タイプ] フィールドも挿入すると、指定日の制約のタイプを確認できるので便利です。

使用例    開始する日付が決まっているタスクがある場合、そのタスクには [指定日に開始] の制約を設定します。たとえば、このタスクを 11 月 14 日に開始する場合は、タスクの開始日として 11 月 14 日を指定します。この制約の日付は、[制約の指定日] フィールドに格納されます。

また、その他のタスクの [開始日] フィールドに日付を入力すると、 [指定日以後に開始] の制約がタスクに自動的に適用され、入力した開始日が制約の指定日となります。

解説     [できるだけ早く] と [できるだけ遅く] の制約には、指定日を入力する必要はありません。この制約が設定されているタスクの [制約の指定日] フィールドには「NA」が表示されます。

制約のタイプを設定せずに期限を入力するには、[期限] フィールドを使用します。期限を設定しても、タスクのスケジュール方法には影響しません。ただし、タスクの終了日が期限日よりも後にスケジュールされた場合、[状況説明マーク] フィールドに赤いひし形に感嘆符が付いたアイコンが表示されます。期限は、[期限] フィールドまたは [タスク情報] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブで設定できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×