[利用可能期間の開始日] (リソース フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   日付

入力の種類    計算結果

説明    [利用可能期間の開始日] フィールドには、現在の期間に対して指定されている単位でリソースを利用できる期間の開始日が表示されます。

使用のポイント    リソースの利用可能な単位数がプロジェクト期間中に変動する場合に、[利用可能期間の開始日] フィールドを使用します。[利用可能期間の開始日] フィールドに表示される日付は、現在の期間の日付範囲の開始日を示します。現在の期間中のリソースの利用可能な単位数を表示するには、[最大単位数] フィールドを追加します。この利用可能な単位数でリソースを利用できる期間の終了日を表示するには、[利用可能期間の終了日] フィールドを追加します。リソースの [利用可能期間の開始日] フィールドの日付を表示またはフィルターするには、[利用可能期間の開始日] フィールドをリソース シートに追加します。

使用例    新しいリソースが約 1 か月先の 6 月 1 日からこのプロジェクトに参加する予定です。このリソースは、6 月 1 日からはまず稼働時間の 50% をこのプロジェクトに費やし、9 月 1 日にこのリソースの利用可能な単位数は 75% になります。そして、翌年の 1 月 1 日にこのリソースの稼働時間は 100% になります。その場合、[リソース情報] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、利用可能な日付とそれに対応する単位数を設定します。次に、このリソースの現在の期間における利用可能期間が常に表示されるようにするため、[利用可能期間の開始日] フィールド、[利用可能期間の終了日] フィールド、および [最大単位数] フィールドを [リソース シート] ビューに追加します。

解説    [利用可能期間の開始日] フィールドは、直接編集できません。代わりに、[リソース情報] ダイアログ ボックスの [全般] タブで利用可能な日付と単位数を設定できます。現在の期間に対して設定した日付は、[利用可能期間の開始日] フィールドに表示されます。

Microsoft Office Project では、タスクまたはプロジェクトのスケジュールを計算するときに [利用可能期間の開始日] フィールドの日付は使用されませんので、リソースに利用可能な日付以外の作業を割り当てることができます。ただし、これを行うと、リソースが割り当て超過であることが表示されます。また、Project では、リソースを平準化するときにも [利用可能期間の開始日] フィールドと [利用可能期間の終了日] フィールドが使用されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×