[全般] オプションを設定する

[全般] オプション ウィンドウでは、インスタント メッセージの書式を設定したり、Lync のその他の全般設定を選択できます。

注: このページで Lync の一般的な情報を表示したい場合は、このトピックで該当するリンクをクリックします。

[会話] ウィンドウの基本設定を変更する

[全般] オプションで選択した内容によって、インスタント メッセージでのテキストや絵文字の表示方法、すべての会話を 1 つのウィンドウに表示するかどうか、セッションを終了しても会話の表示内容を保持するかどうかが変わります。

  • スペルチェックをオンまたはオフにするには、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  • インスタント メッセージで絵文字を表示するには、[インスタント メッセージで絵文字を表示する] チェック ボックスをオンにします。絵文字の代わりにそれと同等の文字を表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

  • 会話のタブ表示を使用するには、[会話のタブ表示を有効にする] を選びます (会話のタブ表示オプションを使用すると、複数のインスタント メッセージ、トピック フィードを無駄のない方法で一度に追跡することができます。同時に複数の会話が進行している場合、会話ウィンドウの左上にそれぞれのタブが表示されます。タブをクリックするだけで会話を切り替えられます)。

  • タブ表示のすべての会話を 1 行に表示するには、[タブを 1 行にする] を選びます。

  • サインアウト時にタブ表示されていた会話を Lync に記憶させておき、次にサインインしたときに自動的に元の画面が表示されるようにするには、[Lync にサインインしたときに会話を再度開く] を選びます。

  • 送信するインスタント メッセージの既定のフォント サイズ、スタイル、色を変更するには [フォントの変更] をクリックして、ダイアログ ボックスで選択します。受信したインスタント メッセージにそれらのフォントの基本設定を適用するには、[受信したメッセージに設定を適用する] チェック ボックスをオンにします。

Lync を使いやすくするオプションを選ぶ

この機能が組織で有効に設定されている場合は、Microsoft カスタマーエクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加することもできます。参加を選択すると、特定製品の使用状況が Microsoft に自動的に送信されます。お使いのコンピューターからの情報は、他の CEIP データと結合され、Microsoft が問題を解決したり、カスタマーの使用頻度が最も高い製品および機能を向上させるのに役立ちます。CEIP の詳細については、Microsoft Web サイトの「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

  • CEIP に参加するには、[全般] オプション ウィンドウで [カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する] を選びます。

また、特に Lync サインインや Lync 会議の接続に関する問題を Microsoft に自動的に送信することもできます。この情報は、問題の根本原因の特定に参考にされます。

  • サインインや Lync 会議のエラー情報を送信するには、[全般] オプション ウィンドウで [Lync 向上プログラムの情報を自動的に Microsoft に送信する] チェック ボックスをオンにします。

社内のサポート チームが問題を解決しやすいようにログ オプションを設定する

システム ログは、システムの問題を解析するために使用されることがあります。サポート チームから、トラブルシューティングの際、参考データとしてログの収集を依頼される場合があります。収集を依頼されないのであれば、通常、このオプションは特に気にする必要はありません。ログの設定を変更または確認するように依頼された場合には、次の操作を実行します。

  • [全般] オプション ウィンドウを開き、[Lync のログの記録] ドロップダウン メニューからログ レベル ([完全][簡易]、[オフ]) を選びます。

  • さらにサポート チームの指示に従って、[トラブルシューティング情報を収集するため、Lync の Windows イベント ログも有効にする] をオンまたはオフにします。

Lync のログの使用の詳細については、「Lync のログインの詳細」を参照してください。

アプリケーション ウィンドウ オプションを設定する

Lync のメイン ウィンドウの右上にある [閉じる] (X) をクリックしても、Lync は引き続き実行され、着信通話やメッセージの通知を受信できます。既定では、[閉じる] をクリックすると Lync がタスク バーに最小化されます。タスク バーではなく、通知領域に Lync ウィンドウを最小化 (タスク バーの右端に表示) することもできます。そのためには、[アプリケーション ウィンドウ] の下にあるチェック ボックスをオンにします。

  • [全般] オプションを開き、[アプリケーション ウィンドウ] の [タスク バーではなく通知領域に最小化する] を選びます。

  • この設定を有効にするには、[ファイル] (メニューまたは [オプション] の横にあるドロップダウン矢印から選択) をクリックし、[終了] をクリックし、その後 Lync に再度サインインします。このように設定した場合の操作と、その結果を以下に示します。

    • 右上にある [最小化] をクリックして Lync をタスク バーに最小化する。

    • 右上にある [閉じる] (X) をクリックして Lync を通知領域に最小化する。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×