[先行タスク] (タスク フィールド)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データ型     整数リスト

エントリの種類     入力済み

説明     [先行タスク] フィールドには、タスクの開始または終了するには、それに依存先行処理タスクのタスク ID番号が一覧表示します。 先行タスクがタスクの依存関係、およびリード タイムまたはラグ タイム (時間差)の特定の種類によって、タスクにリンクされています。

使用のポイント     先行タスクを更新すると表示するには、タスク ビューに先行タスク] フィールドを追加します。 各先行タスクは、続いて、依存関係の種類とリード タイムまたはラグ タイムがそのタスク ID 番号で表されます。 先行タスクの依存関係の種類は、FS (終了-開始)、FF (終了-終了)、(開始-開始)、あるいは SS SF (開始-終了)。 リード タイムを入力するには、負の数値を入力します。 ラグ タイムを入力するには、正の数値を入力します。

使用例     先行のプロジェクト内でタスクを確認します。 [タスク シート] ビューで先行タスク] フィールドが含まれているエントリ「14FS + 3 d」、「企画」タスクのします。 これは、そのタスク 14 先行タスクの依存関係を終了-開始] に、3 日間のラグ タイムと、このタスクを意味します。 この処理を開始する前に 3 日 14 とタスクの完了後を待機する必要があります。 「顧客連絡ミーティング」タスクの先行タスク] フィールドは空白です。 [終了-開始依存関係を持つ場合は、このタスクに 15 をリンクする 15"fs"を入力します。

解説     先行タスク] フィールドでタスクの ID 番号を入力した場合、project は、ゼロ ラグ タイムと [終了-開始の依存関係を表示します。 1 つ以上の先行タスクがある場合は、すべてとは通常、カンマやセミコロンなど、 区切り文字で区切られたします。

[編集] メニューでタスクをリンク] コマンドを使用すると、終了-開始依存関係を選択したタスクとラグ タイムがゼロにリンクします。 [ガント チャート] または [ネットワーク ダイアグラムのチャート部分に相互に 1 つのタスクからドラッグしてタスクをリンクすることもできます。 [タスク情報] ダイアログ ボックスで、その他の依存関係の種類を設定できます。

先行タスクが別のプロジェクトのタスクである場合は、先行タスク] フィールドには、タスク ID と依存関係の種類のほか、リンク先のプロジェクトへのパスも含まれます。 例: C:\My Documents\Bldg_E_Construction.mpp\3FF します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×