[保護] ダイアログ ボックス

図面が変更されないようにする便利な方法は、Visio で図形の属性 (幅、高さなど) の変更を禁止し、図形が選択されないようにロックすることです。次の一覧は、選択されている図形​​の特性を示しています。この特性は、[保護] ダイアログ ボックスを使用してロックすることができます。

サイズを変更できないように、選択されている図形の幅をロックします。1 次元図形の回転をロックするには、その幅をロックする必要があります。

高さ

サイズを変更できないように、選択されている図形の高さをロックします。

縦横比

サイズを変更するときにその縦横比を変更できないように、図形の高さと幅の比率をロックします。

X 方向の位置

移動できないように、図形の x (水平) 方向の位置をロックします。

Y 方向の位置

移動できないように、図形の y (垂直) 方向の位置をロックします。

回転

回転ツールを使用して回転できないように、図形をロックします。図形の端点をドラッグして、1 次元図形を引き続き回転させることができます。1 次元図形の回転をロックするには、その幅をロックする必要があります。

始点

移動できないように、1 次元図形の始点を特定の位置にロックします。

終点

移動できないように、1 次元図形の終点を特定の位置にロックします。

テキスト

編集できないように、図形のテキストをロックします。

書式

編集できないように、図形の書式 (線、塗りつぶし、テキスト、影、角の丸み、透過性) をロックします。

選択不可にする

選択できないように、図形をロックします。この設定を有効にするには、[文書の保護] ダイアログ ボックスの [図形] を選択する必要もあります。

[文書の保護] ダイアログ ボックスを表示するには、[表示] メニューで [ドローイング エクスプローラー ウィンドウ] をクリックします。図面ファイルのアイコンを右クリックし、[文書の保護] をクリックします。

削除不可にする

削除できないように、図形をロックします。

グループ書式設定を適用不可にする

グループ化された図形が書式設定されている場合に変更されないように、サブ図形の書式設定 (色、塗りつぶし、線、影) をロックします。サブ図形を選択して、引き続きサブ図形の書式設定を行うことができます。

テーマの色を適用不可にする

テーマの色が適用されている場合に変更できないように、図形をロックします。

テーマの効果を適用不可にする

テーマの効果が適用されている場合に変更できないように、図形をロックします。

テーマのコネクタを適用不可にする

テーマのコネクタが適用されている場合に変更できないように、図形をロックします。メモ: Visio 2013 以降。

テーマのフォントを適用不可にする

テーマのフォントが適用されている場合に変更できないように、図形をロックします。メモ: Visio 2013 以降。

テーマのインデックスを適用不可にする

テーマのインデックスが適用されている場合に変更できないように、図形をロックします。メモ: Visio 2013 以降。

すべて

[保護] にあるすべてのオプションをロックします。

注: シェイプシート スプレッドシートの [保護] セクションには、描画ツール、テキストの編集と書式設定、グループの編集、図形をサイズ調整するときの高さと幅の再計算など、[保護] ダイアログ ボックスで使用できない保護オプションがあります。

なし

[保護] にあるすべてのオプションのロックを解除します。

Visio での図形の変更の禁止または許可に関する詳細については、「Prevent or allow changes to shapes」 (図形の変更を禁止または許可する) を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×