休暇、病欠、その他のプロジェクト以外のカテゴリを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

< その他の Project のヘルプ

タイムシートを使うと、チーム メンバーの週の作業時間をすべて把握できます。 必要な場合には、特定のプロジェクトのタスクに費やされた時間だけを把握することができます。 また、プロジェクトに関連しないその他のアクティビティ (研修、病欠、休暇など) に費やされた時間を含めて把握することもできます。

Project Web App には、病欠、休暇、一般的な管理用の時間に対応するカテゴリがすでに設定されていますが、研修や出張などのアクティビティに対するカテゴリの作成が必要な場合もあります。

既定の管理用時間のカテゴリ

プロジェクトに関連しない時間の各種カテゴリを把握するように Project Web App を設定する場合は、管理用時間のカテゴリを作成します。

ヒント: タスク関連の作業用にもカテゴリを設定することができます。

プロジェクトに関連しない作業を把握するための管理用時間カテゴリを作成する方法

  1. Project Web App で、[設定] 設定アイコン 、[PWA 設定] の順に選びます。

  2. [時間およびタスクの管理] の下にある [管理用時間] を選びます。

    管理用時間
  3. [新しいカテゴリ] を選びます。

    新しい分類項目
  4. 新しい空白行に入力します。

    管理用時間のカテゴリ
    • [カテゴリ]   新しいカテゴリの名前を入力します。

    • [状態]   このカテゴリをタイムシートに使用できる [更新可能] な状態にするか、[更新不可] の状態にするかを選びます。

    • [作業種類]   このカテゴリで、研修や出張などの作業時間を把握するのか、休暇や病欠などの作業以外の時間を把握するのかを選びます。

    • [承認]   このカテゴリで報告される時間に、マネージャーによる承認を必要とするかどうかを選びます。

    • [常に表示する]   既定により、このカテゴリをすべてのユーザーのすべてのタイムシートに行として表示するかどうかを選びます。 常に表示されるように設定すると、チーム メンバーが、病欠やプロジェクト以外の定期的な会議などの忘れがちな作業の報告を思い起こす助けとなります。

    • [複数行を許可]   チーム メンバーが、このカテゴリについて 1 つのタイムシートに複数の行を含めることができるようにするかどうかを選びます。 たとえば、 チーム メンバーが 1 つのタイムシートに "出張" カテゴリを複数回追加できるようにして、"出張" 行ごとに、異なる出張先の説明を記入できるようにする場合などです。

    • [部署]   組織が Project Web App に部署を設定している場合、このカテゴリを適用する部署を選ぶことができます。 部署を使用していない場合、この列には入力しないで構いません。

  5. [保存] を選びます。

    保存

必要のなくなったカテゴリの操作方法

チーム メンバーが管理用時間カテゴリをタイムシートに追加できなくなるようにするには、そのカテゴリの [状態] 列を [使用不可] に変更して、[常に表示する] 列のチェック ボックスをオフにします。

管理用時間のカテゴリを更新不可にする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×