[中断日] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   日付

入力の種類   計算または入力

説明    [中断日] フィールドには、タスクの実績期間の最後の日付が表示されます。通常、中断日は自動的に計算されますが、 計算された日付を編集することもできます。

計算方法    [中断日] フィールドには、実績作業時間または達成率が入力されるまでの間は "N/A" と表示されます。これらの入力情報に基づいて、タスクの実績部分と残存部分が計算されます。中断日は、タスクの実績期間の最後の日付です。再開日は、タスクの残存期間を再開する日付です。通常、中断日は再開日の前日になります。進行中のタスクを分割できるように設定している場合は、再開日を中断日の翌日より後に設定することもできます。

使用のポイント    タスクの完了部分の最後の日付を表示、フィルターで抽出、または編集するには、タスク ビューに [中断日] フィールドを挿入します。また、タスクの作業を中断した日付を調整することもできます。ただし、中断日を編集すると、達成率が再計算されます。

使用例    今日は 2 月 4 日で、「クライアントとの会議」タスクの達成率として 50 % を入力したとします。この場合、中断日は 2 月 4 日となり、残存期間の 50%  は翌朝に再開予定となります。

解説    [ガント チャート] ビューのガント バーをドラッグして中断日を調整することもできます。ただし、中断日を調整すると、タスクの達成率が再計算されます。

達成率または総実績作業時間を入力すると、中断日が状況報告日に設定される場合があります。必要に応じて、プロジェクト内でこれらの進捗管理フィールドを元のスケジュールのままにしておくことが可能です。つまり、状況報告日後の完了済み作業や過去に残っている残存作業の再スケジュールが行われないように設定できます。この操作は、[Project のオプション] ダイアログ ボックスで行うことができます。

[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、状況報告日を今日以外の日付に設定できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×