"下書き" の透かしを文書に追加する

"下書き" の透かしを文書に追加する

Word には、下書きなどの一般的な透かしが複数用意されているため、文書のステータスを他のユーザーに知らせることができます。 透かしを追加すると、指定したタイトル ページを除くすべてのページに表示されます。

[下書き]、[社外秘]、[複製を禁ず] などの一般的な透かしを文書に追加するには、次のようにします。

  1. [デザイン] タブの [ページの背景] で [透かし] を選択します。

    Word 2010 バージョンと 2007 バージョンの場合、透かしオプションは次の場所にあります。

    [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [透かし] を選択します。

    Word 2013 の透かし追加ボタン。

  2. 透かしギャラリーをスクロールして、使用する透かしをクリックします。ギャラリーには、[下書き]、[社外秘]、[サンプル]、[至急]、[緊急]、[複製を禁ず] の水平や対角線上の透かしが含まれています。

    指定されているタイトル ページ以外のすべてのページに、透かしが自動的に適用されます。

  3. 適用した透かしが表示されない場合は、[表示]、[印刷レイアウト表示] の順にクリックします。これにより、透かしが印刷されたときの状態も表示されます。

ユーザー定義の透かしを作成して保存する

ユーザー設定の透かしを利用し、独自のテキストの透かしを作成できます。

  1. [デザイン] タブの [ページの背景] で [透かし] を選択します。

    Word 2010 バージョンと 2007 バージョンの場合

    [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [透かし] を選択します。

    Word 2013 の透かし追加ボタン。

  2. [ユーザー設定の透かし] を選択します。

  3. [透かし] ダイアログで、[テキスト] を選択します。

    ユーザー設定のテキストの透かし
  4. [テキスト] ボックスに透かしのテキストを入力します。さまざまなフォント、レイアウト、サイズ、色を試すことができます。

  5. [OK] を選択し、透かしをドキュメントに適用します。

ユーザー設定の透かしを透かしギャラリーに保存する

ユーザー設定の透かしを透かしギャラリーに保存するには、次のように操作します。

  1. ドキュメントのヘッダー領域をダブルクリックします。

  2. 透かしにカーソルを合わせ、クリックして選択します。

  3. [デザイン] タブの [ページの背景] で [透かし] を選択します。

    Word 2010 バージョンと 2007 バージョンの場合

    [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [透かし] を選択します。

  4. [選択を透かしギャラリーに保存] を選択します。

    ユーザー設定の透かしを保存する
透かしの詳細
  1. [デザイン] タブ、[透かし] の順に選択します。

    Word for Mac 2011 の場合、[レイアウト] タブを選択し、[透かし] を選択します。

    [デザイン] タブで、[透かし] オプションが強調表示されます。

  2. [透かしの挿入] ダイアログ ボックスで、[テキスト] を選択し、リストから [下書き] を選択します。

    [透かしの挿入] ダイアログ ボックスで [テキスト] をクリックする

    透かしをカスタマイズするには、[透かしの挿入] ダイアログで、フォント、レイアウト、サイズ、色、向きなどを変更します。

    透かし入りのページの例

ヒント: 透かしが表示されない場合は、[表示]、[プリント レイアウト] の順にクリックします。 透かしがプリントされたときの状態も表示されます。

透かしの詳細

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×