"上に赤い X が付いているものはこの SmartArt グラフィックには表示されず、保存されません。" メッセージ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図形の数が制限されているレイアウトを SmartArt グラフィックで使用する場合、そのレイアウトに含めることができる図形の最大数を超えると、SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウの下部に "上に赤い X が付いているものはこの SmartArt グラフィックには表示されず、保存されません" というメッセージが表示されます。図形の最大数が制限されていない別の SmartArt グラフィック レイアウトに切り替えると、赤い X の下にある情報が SmartArt グラフィックに再び表示されます。他のレイアウトに切り替えずに SmartArt グラフィックを保存し、ドキュメントまたはファイルを閉じた場合は、プライバシーの保護のために、赤い X が付いている情報 (図の塗りつぶしを含む) は保存されません。

重要: すべての情報が表示されるように別のレイアウトに切り替える場合は、新しいレイアウトで図形の最大数が制限されていないことを確認してください。そうでないと赤い X は消えません。レイアウトを切り替えてからドキュメントを保存する前に、すべての情報が表示され、赤い X が付いていないことを確認してください。

このメッセージは、次のような場合に表示されることがあります。

  • 図形の数が制限されていないレイアウトから、図形の数が固定されているレイアウトに切り替えた場合。

    注: [基本放射] など、レイアウトの中には最上位の図形が 1 つしか含まれていないものがあります。

  • 選択したレイアウトにおける図形の最大数を超えた場合。

  • 以前のバージョンの Microsoft Office で作成されたターゲット型図表またはベン図表を SmartArt グラフィックに変換した場合。以前のバージョンの Microsoft Office、または Microsoft Word の互換モードを使用して作成されたターゲット型図表やベン図表では、図形の数に制限はありません。ただし、対応する SmartArt グラフィックのレイアウトでは、ターゲット型図表の最上位の図形は 5 個まで、ベン図表の最上位の図形は 7 個までに制限されています。

  • PowerPoint の箇条書きを SmartArt グラフィックに変換し、その SmartArt グラフィックに対して選択したレイアウトで、変換後のリストの行頭文字の一部を表示できない場合。

情報の表示と保存が確実に行われるようにするには、すべての情報が表示される別の SmartArt グラフィック レイアウトに切り替えます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×