[レイアウト] ダイアログ ボックス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[レイアウト] ダイアログ ボックスを使用して、ネットワーク ダイアグラム ボックスの画面上のレイアウトを確認、変更します。このダイアログ ボックスでは、次の操作を実行できます。

  • 画面上でのボックスの配置を定義する。

  • 行と列の配置、間隔、高さ、幅を指定する。

  • リンクの表示形式および色にオプションを設定する。

  • ネットワーク ダイアグラムの背景に対して、色とパターンを選択する。

ダイアログ ボックスの表示方法

[ネットワーク ダイアグラム] ビューを表示します。[書式] メニューの [レイアウト] をクリックします。

詳細

レイアウト モード] セクション

[すべてのボックスを自動的に配置する]     ネットワーク ダイアグラム ボックスが自動的に配置され、その場所にロックされるように指定します。既定では、このオプションが選択されています。

[手動でボックスを配置する]     ネットワーク ダイアグラム ボックスを手動で配置できるように指定します。このオプションを設定すると、ボックスの端をポイントして、画面上の別の場所にボックスをドラッグできます。

ボックスのレイアウトセクション

[配置]     [ネットワーク ダイアグラム] ビュー上のネットワーク ダイアグラム ボックスの配置を指定します。矢印をクリックして、配置オプションの一覧から選択します。配置には、[日付順に並べる]、[上から扇形に展開する] などがあります。

ボックスの配置の選択肢

[左上から並べる]     リンクしている最初のタスク (またはパス) が左上端から開始し、その下の新しい行で各新規パスが開始するようにネットワーク ダイアグラムを配置します。各パスは、ネットワーク ダイアグラムで水平方向に表示されます。既定では、この配置が適用されます。

[日付順に並べる]     最初のパスが左上端から開始し、同じ日に開始したタスクすべてが縦に並び、ビューの水平方向に日付が表示されるようにネットワーク ダイアグラムを配置します。指定された日に開始したタスクをすべてネットワーク ダイアグラムに表示する場合に便利です。

[週の順に並べる]     最初のパスが左上端から開始し、同じ週に開始したタスクすべてが縦に並び、ビューの水平方向に週が表示されるようにネットワーク ダイアグラムを配置します。指定された週に開始したタスクをすべてネットワーク ダイアグラムに表示する場合に便利です。

[月の順に並べる]     最初のパスが左上端から開始し、同じ月に開始したタスクすべてが縦に並び、ビューの水平方向に月が表示されるようにネットワーク ダイアグラムを配置します。指定された月に開始したタスクすべてをネットワーク ダイアグラムに表示する場合に便利です。

[クリティカルを優先して並べる]     左上端から開始した、リンクしている最初の一連のタスクがクリティカル パスになるようにネットワーク ダイアグラムを配置します。その他のパスはすべて、その下の新しい行から開始します。すべてのパスが、ネットワーク ダイアグラムで水平方向に表示されます。

[左から扇形に展開する]     最初のパスが左上端から始まり、その下の新しい行から新しいパスがそれぞれ開始するようにネットワーク ダイアグラムを配置します。各パスは、ネットワーク ダイアグラムで水平方向に表示されます。

[上から扇形に展開する]     最初のパスが左上端から始まり、その他のパスはすべてその右側の新しい列で開始するようにネットワーク ダイアグラムを配置します。各パスはネットワーク ダイアグラムで垂直に配置され、上から下に表示されます。

[行]     行内のネットワーク ダイアグラム ボックスの配置、間隔、高さを指定します。

行のレイアウト

[配置]     行内のネットワーク ダイアグラム ボックスの配置を指定します。

行間隔    ネットワーク ダイアグラム] ボックスの行の間のピクセル単位の間隔を指定します。0 ~ 200 の数があります。

[高さ]     ネットワーク ダイアグラム ボックスの行の高さを、固定にするか最適な高さに調節するかを指定します。

[列]     ネットワーク ダイアグラム ボックスの列の配置、間隔、幅を指定します。

列のレイアウト

[配置]     列内のネットワーク ダイアグラム ボックスの配置を指定します。

[間隔]     ネットワーク ダイアグラム ボックスの列の間隔を指定します。この値には、0 から 200 までの数値を指定します。

[幅]     ネットワーク ダイアグラム ボックスの列の幅を、固定にするか最適な幅に調節するかを指定します。

サマリー タスクを表示します。    すべてのビューに、プロジェクトのサマリー タスクを表示します。これは、サマリー タスクのチェック ボックスを表示する[表示] タブの[ツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスと同じ設定です。既定では、このチェック ボックスを選択します。

サマリー タスクを保持します。    先行タスクと後続タスクの [ネットワーク ダイアグラムのレイアウト] で、サマリー タスクを使用してタスクを維持するために優先します。既定では、このチェック ボックスを選択します。

[ページにまたがらないように調整する]     ページ区切り線を越えないようにネットワーク ダイアグラム ボックスを移動します。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

リンクのスタイル] セクション

このセクションを使用して、[ネットワーク ダイアグラム] ビューの依存関係を表す線の表示形式を指定します。

[直角ライン]     ネットワーク ダイアグラム ボックス間の依存関係を表す線を、直角の線で表示します。依存関係のリンクは常に、ネットワーク ダイアグラム ボックスの左側から入り右側に出ます。これは既定のオプションです。

[直線ライン]     ネットワーク ダイアグラム ボックス間の依存関係を表す線を、直線ラインで表示します。

[矢印を表示する]     先行タスクから後続タスクをポイントする矢印を、依存関係を表す各線の端に表示します。チェック ボックスをオフにすると、矢印は非表示になります。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

[依存タイプを表示する]     ネットワーク ダイアグラム ボックス間のリンクの種類 (たとえば、FS、FF など) を表すラベルを表示します。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。

リンクの色] セクション

このセクションを使用して、[ネットワーク ダイアグラム] ビューのリンク線の色を指定します。既定ではクリティカル タスクとクリティカルでないタスクでは、リンク線の色が異なります。

クリティカルでないタスクのリンク    ネットワーク ダイアグラム] ビューでクリティカルでないリンク線の色を指定します。

重要なリンク    ネットワーク ダイアグラム] ビューでクリティカル タスク間のリンク線の色を指定します。

[上位ボックスの罫線と同じにする]    先行処理に対するネットワーク ダイアグラム ボックスの罫線と、全タスクのリンク線を同じ色にし、クリティカル タスクとクリティカルでないタスクを別の色にしないように指定します。

図のオプション] セクション

[背景色]     ネットワーク ダイアグラムの背景色を指定します。既定では、背景色は白になっています。

[網掛け]     ネットワーク ダイアグラムの背景に対して、塗りつぶしパターンを指定します。

[ページ区切りを表示する]     [ネットワーク ダイアグラム] ビューを印刷するときに設定するページ区切りの場所を表示します。チェック ボックスをオフにすると、ページ区切りは非表示になります。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。

[作業中のタスクと完了したタスクに斜線を引く]     ネットワーク ダイアグラムで、作業中のタスクと完了したタスクにマークを付けるように指定します。作業中のタスクには、1 本の対角線がボックスに引かれます。完了したタスクには、2 本の対角線 (X) がボックスに引かれます。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

[ID 以外のフィールドを表示しない]     ネットワーク ダイアグラム ボックスに、タスクの ID 番号のみを表示します。これは、狭い領域に、より多くのネットワーク ダイアグラムを表示する場合に便利です。既定では、このチェック ボックスはオフになっています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×