[ルート ゲートウェイの追加]

通話のルーティング先のメディア ゲートウェイを選択します。

[ゲートウェイ アドレスを選択する]

このドロップダウン リスト ボックスでは、メディア ゲートウェイとして使用するサーバーの名前をクリックします。この一覧には、このルートに使用できる仲介サーバーまたは高度なメディア ゲートウェイの完全修飾ドメイン名 (FQDN) が表示されます。この一覧が空の場合は、この Office Communications Server プールに対してメディア ゲートウェイがインストールおよび構成されていません。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

さまざまな番号のルーティング先である公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイを指定する機能を使用すると、コストが最も低くなるルートを判断し、それに応じてルーティングできます。通常は、長距離通話料金を最も低くするために、宛先の番号の場所に最も近いゲートウェイを選択して指定します。たとえば、ニューヨークからローマの番号に発信する場合、ローマの事務所のゲートウェイまで IP ネットワークを介して通話を中継すると、料金が発生するのは市内通話分のみになります。

ルートにゲートウェイを追加するには、あらかじめ 1 台以上のメディア ゲートウェイ、および必要に応じて仲介サーバーが展開されている必要があります。ルートが機能するには、ルート上のゲートウェイまでルーティングされた番号を、ゲートウェイの管理インターフェイスを使用してゲートウェイでローカライズする必要があります。

発信通話ルーティングの構成の詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×