[ルートの追加] または [ルートの編集]

このダイアログ ボックスを使用して、新しい発信通話ルートを定義します。完了すると、[ルート] ボックスの一覧に新しいルートが表示されます。

[名前]

このルートに明確でわかりやすい名前を付けて入力します (たとえば、"レドモンド市内ルート"、"ロンドン国際ルート" など)。名前は 256 文字以内の Unicode 文字列で、スペースを含めることができます。

[説明]

ルートの説明を入力します。説明により、ルートについてより詳細に記述できます。1,024 文字以内の Unicode 文字列で指定します。

[通話先電話番号]

ルートを適用する通話先電話番号を識別します。

[通話先電話番号の正規表現]

照合する数値パターンを表す .NET 正規表現を入力します。

[ヘルパー]

.NET 正規表現を作成するための追加のヘルプにアクセスするときにクリックします。

[ゲートウェイ]

通話先電話番号へのルーティングを処理できるメディア ゲートウェイおよび仲介サーバーを指定します。

[追加]

一覧にゲートウェイを追加するには、[追加] をクリックします。

[削除]

ゲートウェイを削除するには [削除] をクリックします。

[電話使用法]

この一覧には、このルートを使用して通話する際に必要な電話使用法レコードが含まれます。このルートに指定されている通話先電話番号の正規表現と一致する電話番号に対してユーザーが通話できるようにするには、発信者のユーザー ポリシーに、ルートの使用法レコードと一致する使用法レコードが 1 つ以上含まれている必要があります。

[構成]

電話使用法レコードを追加または削除するには、[構成] をクリックします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

ルートを追加すると、ルーティング テーブルに値が設定されます。これにより、PBX 番号および公衆交換電話網 (PSTN) 番号に関してサーバーが使用する発信通話ルーティング ロジックが決まります。

ルートを追加するには、場所のプロファイルと電話使用法レコードだけでなく、セッション開始プロトコル (SIP) トランキング機能または 1 つ以上のメディア ゲートウェイ、および必要に応じて仲介サーバーが展開されている必要があります。ルートが機能するには、ゲートウェイまでルーティングされた番号を、ゲートウェイの管理インターフェイスを使用してゲートウェイでローカライズする必要があります。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」の「操作」で、エンタープライズ VoIP の構成内容を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×