[リソース GUID] (リソース フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   テキスト

入力の種類    計算結果

説明    [リソース GUID] フィールドには、プロジェクト内の各リソースに生成された固有の識別コードが含まれています。同じリソース GUID を持つリソースは存在しません。

計算方法   新しいリソースを作成すると、すぐにプロジェクトは自動的にリソースの固有の識別コードを生成し、[リソース GUID] フィールドに格納します。

使用のポイント    各リソースの固有の識別子を確認する必要がある場合は、[リソース GUID] 列をリソース シートに挿入します。これは、Office Project でカスタム アプリケーションをプログラムし、デバッグする場合に特に便利です。

使用例    プロジェクト内の特定のリソースを参照するマクロを作成するとします。これらの特定のリソースの固有の識別子を取得するには、[リソース GUID] 列をリソース シートに挿入します。

解説    [リソース GUID] は、リソースの [固有 ID] フィールドとは異なります。[固有 ID] は、リソースをプリジェクトに追加した順番を反映する連続値です。これに対して、[リソース GUID] は各リソースをプログラミング用に表す英数字からなる固有の文字列です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×