[リソースの種類] (タスク フィールド)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ型   列挙型

入力の種類   計算結果

説明   [リソースの種類] フィールドは、このタスクに割り当てられているリソースが作業時間や数量単価型リソースかどうかを示します。時間単価型リソースのユーザー、機器です。数量単価型リソースとは、製、コンクリート、または土などの消耗です。

計算方法    [リソースの種類] フィールドの値は、リソースの [種類] フィールドの設定に基づいて、[時間単価型] および [数量単価型] のいずれかになります。

使用のポイント    タスクに割り当てられているリソースの種類を表示する場合は、[タスク配分状況] ビューに [リソースの種類] フィールドを挿入します。また、リソースの種類に基づいてタスクを並べ替え、フィルターで抽出、またはグループ化する場合も、[リソースの種類] フィールドを使用します。このフィールドは、タスクに割り当てられているすべての数量単価型リソースを確認するときに特に役立ちます。

使用例    たとえば、数量単価型リソースが割り当てられているタスクの詳細を確認する必要があるとします。この場合は、ガント チャートでリソースの種類別にタスクをグループ化します。これにより、数量単価型リソースと時間単価型リソースがグループ化され、それぞれ分けて表示されます。

解説    [リソース配分状況] ビューでは、このフィールドが単に [種類] として表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×