[リソースの平準化] ダイアログ ボックス

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

リソースを平準化する方法についてのユーザー設定は、[リソースの平準化] ダイアログ ボックスで行います。 平準化プロセスの開始にもこのダイアログ ボックスを使います。 Microsoft Project は、このダイアログ ボックスで設定された条件に基づいて、タスクを延期および分割することにより、過剰に割り当てられたリソースを平準化します。 次のような機能を利用できます。

  • Project で自動的に平準化するか (割り当て超過検出直後)、手動で平準化するか ([平準化の対象] をクリックしたときのみ) を指定できます。

  • 平準化が必要になる割り当て超過したリソースの量 (たとえば、1 時間、日、週) を指定できます。

  • タスクの割り当て超過と平準化を確認する順序の条件を設定できます。

ダイアログ ボックスの場所

リボンの [リソース] タブで、[平準化] パネルの [平準化のオプション] をクリックします。

詳細

[平準化の計算方法] セクション

[自動]    レベル リソースがタスクまたはリソースの割り当て超過が発生するように変更すると、すぐにあります。 これは、プロジェクトが自動計算モードを既定に設定されている場合は true です。 プロジェクトが手動計算モードに設定されている場合、再計算実行] コマンドを許可する場合にリソースが平準化します。 計算モードを設定するにファイル_gtオプションをクリックし、[スケジュール] タブを選択して、[計算方法] セクションで、編集するたびに計算のプロジェクト設定します。

プロジェクトが大きい場合、自動平準化によりスケジュールの作業の速度が低下する可能性があります。 このオプションを選択する場合は、[平準化の前に平準化値をクリアする] チェック ボックスをオフにします。 このチェック ボックスは既定ではオンになっていますが、自動的に平準化するときは、オフにするとスケジュールのパフォーマンスが大きく向上します。

[手動]    プロジェクトのリソース レベルとを制御できます。 手動平準化] でリソースの平準化が終了したらする場合にのみ、[リソースの平準化] ダイアログ ボックスを開くすべてのレベル] をクリックします。 これは既定のオプションです。

ごとに、割り当て超過します。    平準化するポイントを確立します。 [秘密度の期間] をクリックしてによっては、リソースの割り当て超過と認識されます。 によっては、選択した期間、リソースは割り当て超過のように表示される場合がありますが、平準化インジケーターが赤色で表示されません。

たとえば、同じ日に開始して終了する 2 つの 1 日タスクが同じリソースに割り当てられているものとします。 技術的には、このリソースは 8 時間の割り当て超過になっています。 割り当て超過期間を [日単位] に設定した場合、このリソースは割り当て超過として指定され、平準化されます。

しかし、割り当て超過期間が [週単位] に設定されていて、このリソースの通常の利用可能時間が 1 週間あたり 40 時間である場合は、割り当て超過にならず、平準化されません。 これは、合計作業時間 16 時間が週のリソースの利用可能時間 40 時間を超えないためです。

期間

分単位    ある場合は、少なくとも 1 分以上リソースの平準化は、以下のリソースの標準の空き時間情報内で完了できるリソースの予定作業します。

時間単位    ある場合は、少なくとも 1 時間以上リソースの平準化機能よりも、リソースの標準の空き時間情報内でのリソースに予定されています。

日単位     1 日以上がリソースの平準化機能よりも、リソースの標準の空き時間情報内でその日のリソースに予定されています。

週単位     1 週間以上がリソースの平準化機能よりも、リソースの標準の空き時間情報内でその週のリソースに予定されています。

月単位     1 か月以上がリソースの平準化機能よりも、リソースの標準の空き時間情報内でその月のリソースに予定されています。 これは既定の設定です。

平準化の前に平準化の値をクリア    平準化、または、平準化による延期期間] を手動で入力を以前に入力した任意の遅延を平準化の次の操作を行う前にクリアされることを示します。

[自動] 計算オプションを選択した場合は、[平準化の前に平準化値をクリアする] チェック ボックスをオフにすることをお勧めします。 これにより、スケジュール計算のパフォーマンスが向上し、増分的な平準化も可能になります。 つまり、既に平準化されているタスクをそのまま保持し、新しい割り当て超過のみを再スケジュールできます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

[平準化範囲] セクション

このセクションでは、プロジェクト全体を平準化するか、または特定の時間範囲内のタスクだけを平準化するかを指定します。

[プロジェクト全体    プロジェクトの期間全体にわたって割り当て超過のリソースを平準化する必要があるかを指定します。

レベルからとする    リソースの平準化するための日付の範囲を指定します。 [差出人] ボックスで、開始日を入力します。 [宛先] ボックスで、終了日を入力します。 レベルまでの日付の範囲を設定している問題がなければ、平準化された結果では、プロジェクトの日付の範囲を平準化を回避できます。

[割り当て超過の解決方法] セクション

平準化の順序    分割したタスクの割り当て超過を延期順序を指定します。 プロジェクトと判断したタスクの割り当て超過が原因となると、どのタスクを延期、指定した順序を使用します。

[タスク情報] ダイアログ ボックスでは、タスクの優先順位を指定します。 [全般] タブをクリックし、[優先度] ボックスの値を入力します。 1000、0 が優先度の低いとが最も優先度の (いない平準化の効果を持つ) には、0 から] を選びます。 既定の優先度は 500 です。

複数のプロジェクトに関わっているリソースがいる場合は、[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスでプロジェクトの優先度を設定することもできます。 リボンの [Project ] タブで [プロジェクト情報] をクリックし、[優先度] ボックスに値を入力します。

平準化の順序の選択肢

ID     その他の条件を検討する前に、ID 番号が高いの必要に応じては、プロジェクトのタスクを延期を確認します。

標準     先行処理関係、 余裕期間 (最初にその他の総余裕期間とタスクに遅延)、日付 (以降の開始日とタスクは、次のプロジェクト、優先順位を設定と制約のタスクを平準化する方法を決定します。 これが既定の設定です。

標準の優先順位     プロジェクトは最初の優先度と、[先行タスクの関係、余裕期間、日付、またはタスクを平準化する方法を決定する制約に表示されます。

利用可能な余裕期間内でのみ平準化します。    プロジェクトの終了日を延期できなくなります。 多くのプロジェクトでただし、多くの組み込みの余裕期間がない限り、この設定が表示されない場合平準化の後の重要な変更。 既定では、このチェック ボックスがオフになっています。

タスクの個々 の割り当てを調整できるようにします。    [平準化によるリソースがタスクで作業して他のリソースに関係なくタスクの動作を調整することができます。 すべてのタスクのグローバル設定は、これが既定で選択します。 選択的に特定のタスクの個々 の割り当ての平準化を許可する場合は、タスク シートにレベルの割り当てフィールドを追加してフィールドを [はい] または [いいえ]、[設定

[平準化による残存作業時間の分割を作成できます。    [平準化による分割して、タスクまたは割り当ての残存作業でタスクを中断することができます。 すべてのタスクは、グローバル設定は、これが既定で選択します。 選択的に特定のタスクの残存作業時間を分割する平準化を許可する場合は、タスク シートに [平準化による分割可] フィールドを追加してし、フィールドを [はい] または [いいえ] に設定

仮予約の種類にリソースの平準化    平準化のプロセスで承諾されたリソースと仮予約されたリソースを使用してタスクが含まれます。 既定では、このチェック ボックスがオフになり、仮予約されたリソースが平準化を考慮に記録したされません。

手動スケジュール タスクのレベル    平準化を手動で変更するのには、タスクをスケジュールされている場合は、このオプションを選択します。

コマンド ボタン

平準化を解除します。    平準化による延期し、作成平準化による分割を削除します。

すべてをレベルします。    タスクやリソースの競合を消すために割り当て延期または分割してリソースを平準化を開始します。 平準化をリソース ビュー] で最初に [平準化の実行] ダイアログ ボックスが表示されるすべての平準化するかどうかを選択できるようにする場合、またはリソースを選択します。

注: 

  • 平準化操作を開始すると、Project は各リソースを順番にチェックします。 割り当て超過しているリソースが見つかると、Project は割り当て超過の原因になっているタスクを探し、その中で延期できるタスクを識別します。 次のようなタスクは延期されません。

    • [指定日に開始] または [指定日に終了] の制約があるタスク。

    • プロジェクトが開始日からスケジュールされている場合に、[できるだけ遅く] の制約があるタスク。

    • プロジェクトが終了日からスケジュールされている場合に、[できるだけ早く] の制約があるタスク。

    • 平準化しないことを意味する優先度 1000 のタスク。

    • 実際の日数開始日があるタスク。 ただし、[残存作業時間を分割して平準化できるようにする] チェック ボックスがオンになっている場合は、残存作業時間を分割して平準化できます。

      延期できるタスクを決定した後、Project はタスクの依存関係、開始日、優先度、制約に基づいて、延期するタスクを選択します。

  • 平準化がタスクに対して行った変更を確認するには、リボンの [ビュー] タブの [タスク ビュー] パネルで、[ガント チャート]、[その他のビュー]、[ガント チャート (平準化)] をクリックして、[適用] をクリックします。 [ガント チャート (平準化)] ビューでタスクを調べて、平準化の結果および平準化がタスクに追加した延期を確認します。

  • 一般的に、リソースの平準化を使用して、またはリソースの平準化] ダイアログ ボックスの平準化の解除] をクリックする場合は、遅延を手動で追加して、タスクを延期すると、この遅延は削除されます。 ただしとタスクを分割または平準化すると、結果としてを延期し、そのタスクは優先度を 1000 に設定した (いない平準)。 平準化の解除] ダイアログ ボックスの [リソースの平準化をクリックすると、平準化による延期または分割は削除されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×