[リソースの共有] ダイアログ ボックス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[リソースの共有] ダイアログ ボックスを使用して、他のプロジェクトとの間でリソースを共有する方法を設定します。このダイアログ ボックスでは、次のことを実行できます。

  • リソース共有のオンとオフを切り替える。

  • どのプロジェクト ファイルからリソースを共有するかを指定する。

  • 2 つのファイル内のリソース情報が競合している場合にどちらのファイルを優先するかを指定する。

ダイアログ ボックスの開き方

[ツール] メニューの [リソースの共有化] をポイントし、[リソースの共有] をクリックします。

詳細

リソースのセクション

[現在のプロジェクトのリソースを使用する]     作業中のプロジェクトのリソースを使用することを指定します。このオプションは、既定で設定されています。

[指定のプロジェクトからリソースを共有する]     作業中のプロジェクトで、他のプロジェクトのリソースを使用することを指定します。

[共有元]     共有するリソースが入っている、開いているプロジェクトの名前を指定します。このボックスは、[指定のプロジェクトからリソースを共有する] が選択されている場合だけ使用できます。

カレンダーやリソース情報との競合] セクション

[共有元のリソース情報を優先する]     作業中 (共有先) のプロジェクトとリソース共有元のプロジェクトの間でリソース情報が競合している場合に、リソース共有元のプロジェクトの情報を優先することを指定します。たとえば、共有先プロジェクトではリソースの最大単位数が 100% であるのに対し、共有元では同じリソースの最大単位数が 75% の場合、共有元の情報を優先することを指定すると、このリソースの最大単位数は 75% になります。このオプションは、既定で設定されています。

[共有先のリソース情報を優先する]     作業中 (共有先) のプロジェクトとリソース共有元のプロジェクトの間でリソース情報が競合している場合に、作業中 (共有先) のプロジェクトの情報を優先することを指定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×