ユーザー アクティビティ ログ レポートについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザー アクティビティ ログ レポートには、ユーザーが OneDrive for Business でさまざまなアクションを実行した時間が表示されます。次に、ユーザー アクティビティ ログ レポートに記録されているイベントについて説明します。

内部ユーザーとは、自分の Office 365 サブスクリプションに所属するユーザーで、外部ユーザーとは、自分のユーザー リストに含まれていないユーザーです。

注: OneDrive for Business ユーザー アクティビティ ログ レポートは、正式にはリリースされていません。データは正確ですが、このレポートの外観や基になるスキーマは今後変更される可能性があります。

共同作業アクティビティ

  • AccessInvitationAccepted:    このイベントは、ユーザーが外部ユーザーからファイルやフォルダーへのアクセスの招待を受けたときに、キャプチャされます。

  • AccessInvitationCreated:    このイベントは、ユーザーが外部ユーザーに対してファイルやフォルダーへのアクセスを招待したときに、キャプチャされます。

  • AccessInvitationExpired:    このイベントは、外部ユーザーに対する招待が実行に移されないまま 7 日経過すると、自動的にキャプチャされます。

  • AccessInvitationRevoked:    このイベントは、外部ユーザーに対するファイルやフォルダーに関する招待を取り消したときに、キャプチャされます。

  • AccessInvitationUpdated:    このイベントは、ユーザーが外部ユーザーに対する既存の招待を更新したときに、キャプチャされます。

  • AccessRequestApproved:    このイベントは、ユーザーが内部ユーザーに対してファイルやフォルダーへのアクセスを承認したときに、キャプチャされます。

  • AccessRequestCreated:    このイベントは、内部ユーザーが、自分が権限を持っていない他のユーザーのファイルやフォルダーへのアクセスを要求したときに、キャプチャされます。

  • AccessRequestExpired:    このイベントは、ユーザーに対するアクセス要求が実行に移されないまま 7 日経過すると、自動的にキャプチャされます。

  • AccessRequestRejected:    このイベントは、ユーザーが内部ユーザーに対してファイルやフォルダーへのアクセス要求を拒否したときに、キャプチャされます。

ファイルのアクセスと管理

  • FileCheckedIn:    このイベントは、ユーザーが以前にチャックアウトしたファイルをチェックインしたときに、キャプチャされます。

  • FileCheckedOut:    このイベントは、ユーザーがファイルをチェックアウトしたときに、キャプチャされます。これによって、他のユーザーは変更を保存できなくなります。

  • FileCheckedOutDiscarded:    このイベントは、ユーザーが以前にチャックアウトしたファイルのロックを破棄したときに、キャプチャされます。

  • FileCopied:    このイベントは、ユーザーがドキュメント ライブラリにあるファイルのコピーを作成したときに、キャプチャされます。

  • FileDeleted:    このイベントは、ユーザーが OneDrive for Business クライアントからファイルを削除したときに、キャプチャされます。

  • FileDownloaded:    このイベントは、ユーザーが自分のドライブにファイルのコピーをダウンロードしたときに、キャプチャされます。

  • FileModified:    このイベントは、ユーザーがファイルを保存したとき、またはファイルが自動保存されたときに、キャプチャされます。

  • FileMoved:    このイベントは、ユーザーがドキュメント ライブラリにあるファイルを、ドキュメント ライブラリ内の他のフォルダーに移動したときに、キャプチャされます。

  • FileRenamed:    このイベントは、ユーザーがファイルの名前を変更したときに、キャプチャされます。

  • FileRestored:    このイベントは、ユーザーが自分のファイルをサイトのゴミ箱から復元したときに、キャプチャされます。

  • FileUploaded:    このイベントは、ユーザーがドキュメント ライブラリにファイルをアップロードしたときに、キャプチャされます。

  • FileViewed:   このイベントは、ユーザーが Office Online アプリからファイルを表示するときにキャプチャされます。その他のビューのベータ版の期間中にイベントを追加、その他のビューのキャプチャ、キャプチャされます。

ファイル共有

  • SharedLinkCreated:    このイベントは、ユーザーが [表示] または [編集] リンクを作成したときに、キャプチャされます。

  • SharedLinkDisabled:    このイベントは、ユーザーが共有リンクを無効にしたときに、キャプチャされます。つまり、それまでに作成されたリンクにはアクセスできなくなります。

  • SharingRevoked:    このイベントは、ユーザーが指定したユーザーのファイルやフォルダーへの共有アクセス権を取り消したときに、キャプチャされます。つまり、指定したユーザーは、そのリソースにはアクセスできなくなります。

  • SharingSet:    このイベントは、ユーザーがファイルやフォルダーの共有アクセス権を作成または更新したときに、キャプチャされます。

既知の問題

  • ユーザー アクティビティ リポートでは、現在のところ、クライアントとサーバーのオペレーティング システムを区別できません。たとえば、リポートにはクライアント オペレーティング システムの名前が表示されていても、ユーザーは OneDrive for Business にサーバー オペレーティング システムからアクセスすることになったりします。これは、リポートが、デバイス、オペレーティング システム、およびアプリケーション情報の抽出を要求する User Agent 文字列を解析しているためです。リポートは、オペレーティング システムに対する "Windows NT 6.2" のような値を取得しますが、"Windows 8" や "Windows Server 2012" のどちらかになることもあります。

  • "親フォルダー名" 列の値には、現在は余分の \ 記号が表示されています。現時点では "Documents/Pictures" ではなく "Documents\/Pictures" と表示されます。この問題を解決するために努力しています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×