[ユーザーのプロパティ]

[Communications] タブを使用して、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] で Office Communications Server 2007 R2 に対して既に有効になっているユーザーを無効または有効にします。また、Office Communications Server 2007 R2 ユーザーの個別の設定を構成します。

[このユーザーに対して Office Communications Server を有効にする]

Office Communications Server でこのユーザー アカウントを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。Office Communications Server でユーザー アカウントを再び有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

[サインイン名]

このユーザーに対して現在登録されていて、ユーザーとのメッセージのルーティングに使用されるセッション開始プロトコル (SIP) アドレスを指定します。サインイン名は "sip:user@domain" の形式をとり、一意である必要があります。

[サーバーまたはプール]

このユーザーが登録されている Standard Edition サーバーまたはエンタープライズ プールを指定します。

[会議の設定]

このユーザーが開催する Live Meeting または会議に適用される設定です。

[テレフォニー設定]

このユーザーが発信し、IP-PSTN (IP- 公衆交換電話網) またはリモート通話コントロール ゲートウェイを経由してルーティングされる通話に適用される設定が含まれます。

[その他の設定]

このユーザーのフェデレーション、アーカイブ、または拡張プレゼンスを有効にするための設定が含まれます。

注:  フォレスト内の全ユーザーに対して [グローバル プロパティ] で指定された設定によっては、[その他の設定] の一部の設定が個々のユーザーに設定できない場合があります。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

グローバル設定ではなくユーザー設定を使用するようにフォレストを構成している場合、複数のユーザー設定を編集するユーザーの構成ウィザードも使用できます。ユーザーの構成ウィザードには、[匿名参加者を許可する] 設定および [ポリシー] 設定を構成するオプションが含まれます。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×