[モデルの保存]、[モデルの読込] ダイアログ ボックスのオプションについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[モデル範囲]     モデル範囲として使用する範囲を指定します。

[モデルの保存] ダイアログ ボックスの [モデル範囲] ボックスには、アクティブ セルを開始位置とする既定の選択範囲を、問題モデルを保存する領域として表示します。各制約条件を入力するセルに、さらに 3 つのセルを加えた範囲を指定します。また、モデルを表示する縦方向の範囲の左上隅のセルに対する参照を入力することもできます。

[モデルの読み込み] ダイアログ ボックスの [モデル範囲] には、読み込むモデルの参照を表示します。範囲の最初のセルではなく、モデルを含む全体の範囲を参照します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×