スキップしてメイン コンテンツへ
@メンションを使用してユーザーの注意を引く

@メンションを使用してユーザーの注意を引く

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

メール メッセージや会議出席依頼でユーザーの注意を引きたい場合は、@ 記号の後に名前を入力して、メール メッセージの本文や会議出席依頼に含めることができます。 このようにすると、ユーザーの名前がメッセージの本文や招待の詳細で強調表示されるだけでなく、Outlook により、メールや会議出席依頼の宛先にユーザーが自動的に追加され、受信トレイのメッセージの横に @ 記号が表示されます。

メッセージまたは会議出席依頼の本文に @ を使用する

  1. メール メッセージまたは会議出席依頼の本文に、@ 記号に続けて連絡先の名または姓の最初の数文字を入力します。

    @ 記号とユーザー名の最初の数文字を追加します
  2. Outlook が 1 つ以上の連絡先を提示したら、注意を引きたい連絡先を選択します。 既定では、連絡先のフル ネームが挿入されます。

    既定で、メンションを付けたユーザーのフルネームとメール アドレスが表示されます
  3. メンションの一部 (たとえば、相手の名以外のすべて) を削除できます。 メンションを付けた連絡先は、メールまたは会議の招待状の [宛先] 行にも追加されます。

    ユーザーの名のみを表示することができます

自分にメンションを付けたメッセージを検索する

大量のメールを受信する場合、自分にメンションを付けたメッセージのみを表示するように 1 つのフォルダーにメッセージをフィルターすることができます。

Windows 版 Outlook で

  1. メッセージ一覧の上にある [すべて] を選びます。

  2. [話題になったメール] を選びます。

    [話題になったメール] オプションが表示されているメニュー

Outlook for Mac では、

  1. [ホーム] タブで、[電子メールのフィルター処理] を選びます。

  2. [メンション付き] を選びます。

    [電子メールのフィルター処理] メニューの [メンション付き] を使用して @メンションを付けたメールを検索します

メモ Mentioned メール機能と @ (記号) にあるインジケーターは Exchange Server 2016、Exchange Server 2019、Exchange Online、または Outlook.com を使用して受信者に対して利用可能なのみです。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×