[ページ設定]

[ページ設定] ダイアログ ボックスを使って、ページのレイアウト オプションと印刷オプションを設定します。

[ページ レイアウト] タブをクリックし、[ページ設定] の [ダイアログ ボックス起動ツール] ボタン イメージ をクリックします。

[ページ設定] ダイアログ ボックス起動ツール

[ページ設定]、[ページ] オプション

印刷の向き    横または縦を選びます。

拡大縮小印刷    指定したページ数に収まるように、印刷するときにワークシートまたは選択範囲を拡大または縮小します。

  • 拡大/縮小    [拡大/縮小] を選ぶと、[%] ボックスにパーセンテージを入力できます。

  • 次のページ数に合わせて印刷    [次のページ数に合わせて印刷] を選ぶと、[] ボックスと [] ボックスに数値を入力できます。用紙の幅いっぱいに印刷し、必要に応じたページ数を使うには、[] ボックスに「1」と入力し、[] ボックスは空白のままにします。

用紙サイズ    このボックスでは、[Letter]、[Legal]、または他のサイズ オプションをクリックして、印刷される文書または封筒に使うサイズを指定します。

印刷品質    このボックスでは、解像度をクリックして、アクティブなワークシートの印刷品質を指定します。解像度は、印刷ページ上で直線 1 インチに印刷されるドットの数 (dpi) です。値を大きくすると、高解像度印刷に対応するプリンターでは高品質の印刷が生成されます。

先頭ページ番号    このボックスに「自動」と入力すると、ページ番号は "1" から (印刷ジョブの最初のページの場合)、または次の連番から (印刷ジョブの最初のページではない場合) 開始します。"1" 以外の開始ページ番号を指定するには数値を入力します。

ページの先頭へ

[ページ設定]、[余白] オプション

余白の設定を入力し、[印刷プレビュー] ボックスで結果を確認します。

  • 上、下、左、右    []、[]、[]、[] の各ボックスの値を調整し、データと印刷されるページの端の間の距離を指定します。

  • ヘッダー、フッター    [ヘッダー] ボックスまたは [フッター] ボックスに数値を入力し、ヘッダーとページ上端の間の距離、またはフッターとページ下端の間の距離を調整します。ヘッダーまたはフッターがデータと重ならないようにするため、余白の設定より小さい距離を指定する必要があります。

ページ中央 [垂直] チェック ボックスと [水平] チェック ボックスの一方または両方をオンにして、余白の内側のページ上でデータを中央揃えします。

ページの先頭へ

[ページ設定]、[ヘッダー/フッター] オプション

ヘッダー    [ヘッダー] ボックスで組み込みのヘッダーをクリックするか、[ヘッダーの編集] をクリックして印刷するワークシートのカスタム ヘッダーを作成します。組み込みのヘッダーが [ヘッダー] ダイアログ ボックスにコピーされるので、選んだヘッダーを書式設定または編集できます。

フッター    [フッター] ボックスで組み込みのフッターをクリックするか、[フッターの編集] をクリックして印刷するワークシートのカスタム フッターを作成します。組み込みのフッターが [フッター] ダイアログ ボックスにコピーされるので、選んだフッターを書式設定または編集できます。

奇数/偶数ページ別指定    奇数ページと偶数ページに対してヘッダーとフッターを別々に指定するには、[奇数/偶数ページ別指定] チェック ボックスをオンにします。

先頭ページのみ別指定    印刷される最初のページからヘッダーとフッターを削除する場合、または最初のページに対してカスタム ヘッダーとカスタム フッターを作成する場合は、[先頭ページのみ別指定] チェック ボックスをオンにします。最初のページのヘッダーまたはフッターを作成するには、このチェック ボックスをオンにし、[ヘッダーの編集] または [フッターの編集] をクリックした後、[先頭ページのヘッダー] または [先頭ページのフッター] タブで、最初のページに表示するヘッダー情報またはフッター情報を追加できます。

ドキュメントに合わせて拡大/縮小    ヘッダーとフッターでワークシートと同じフォント サイズおよび拡大縮小率を使うには、[ドキュメントに合わせて拡大/縮小] チェック ボックスをオンにします。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。ヘッダーやフッターのフォント サイズと拡大縮小率をワークシートの設定から切り離して、複数のページに同じサイズで表示されるようにするには、このチェック ボックスをオフにします。

ページ余白に合わせて配置    ヘッダーの余白またはフッターの余白をワークシートの左右の余白に合わせるには、[ページ余白に合わせて配置] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスは既定でオンになっています。ヘッダーとフッターの左右の余白をワークシートの左右の余白とは別の値に設定するには、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

[ページ設定]、[シート] オプション

印刷範囲    印刷するワークシートの範囲を選ぶには、[印刷範囲] ボックスをクリックし、印刷するワークシートの範囲をドラッグします。このボックスの右端にある [ダイアログを折りたたむ] ボタン [折りたたみ] をクリックすると、ダイアログ ボックスが一時的に移動し、ワークシートでセルを選択して範囲を入力できます。選択が終了した後、もう一度ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックス全体が表示されます。

印刷タイトル    印刷するワークシートのすべてのページにタイトルとして同じ列または行を印刷するには、[印刷タイトル] の下のオプションを選びます。各ページの水平方向のタイトルとして特定の行を指定する場合は、[タイトル行] を選びます。各ページの垂直方向のタイトルを指定する場合は、[タイトル列] を選びます。次にワークシートで、タイトルにする列または行の 1 つまたは複数のセルを選びます。このボックスの右端にある [ダイアログを折りたたむ] ボタン [折りたたみ] をクリックすると、ダイアログ ボックスが一時的に移動し、ワークシートでセルを選択して範囲を入力できます。選択が終了した後、もう一度ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックス全体が表示されます。

印刷    ワークシートから印刷するもの、カラーまたは白黒のどちらで印刷するか、および印刷品質を指定します。

  • 枠線    ワークシートの枠線を印刷に含めるには、[枠線] チェック ボックスをオンにします。既定では、ワークシートに表示されているかどうかに関係なく、枠線は印刷されません。

  • 白黒印刷    プリンターはカラーでも白黒だけを使って印刷する場合は、[白黒印刷] チェック ボックスをオンにします。既定では、このオプションはオフになっています。白黒プリンターを使っている場合は、このオプションをオンにする必要はありません。

  • 簡易印刷    使うプリンターにドラフト品質モードがある場合に、印刷品質を下げて高速で印刷するには、[簡易印刷] チェック ボックスをオンにします。プリンターにドラフト品質モードがない場合は、このオプションを指定しても効果はありません。

  • 行列番号    印刷に見出しを含める場合は、[行列番号] チェック ボックスをオンにします。

  • コメント    このボックスでは、ワークシートのセルに追加した注釈を印刷する場所を選択します。印刷の末尾に追加されるページにすべての注釈をまとめて印刷する場合は、[シートの末尾] を選びます。ワークシートの元の場所に注釈を印刷する場合は、[画面表示イメージ] を選びます。既定では [なし] が選択されているため、注釈は自動的には印刷されません。

  • セルのエラー    このボックスでは、ワークシートに表示されるセル エラーを印刷する方法を選びます。既定ではエラーはそのまま印刷されますが、[<空白>] を選ぶと印刷されず、[--] または [#N/A] を選ぶとこれらの文字が印刷されます。

ページの方向    [左から右] または [上から下] をクリックして、データが 1 ページに収まらないときの番号付けと印刷の順序を制御します。選択したオプションでのドキュメントの印刷方向を、サンプル画像で確認できます。

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

印刷前にワークシート ページをプレビューする

ワークシートやブックを印刷する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×