ブックをテキスト形式 (.txt または .csv) で保存する

ブックをテキスト形式 (txt) やカンマ区切りファイル形式 (csv) などの別のファイル形式で保存しなければならない場合があります。ブックを別のファイル形式で保存すると、書式、データ、機能の一部が保存されないことがあるため注意してください。

注意:  ブックをテキスト形式で保存すると、すべての書式が削除されます。

  1. 保存するブックを開きます。

  2. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

    [ファイル] タブの [名前を付けて保存] オプション

  3. ブックを保存する場所を選びます。

    場所のオプションを選ぶ

  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイルを保存する場所に移動します。

  5. [ファイルの種類] ボックスの矢印をクリックして、希望するテキスト ファイル形式か CSV ファイル形式を選びます。

    注: 表示されるファイル形式は、ブックの中でアクティブになっているシートの種類 (ワークシート、グラフ シート、または他の種類のシート) によって異なります。

    [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

  6. [ファイル名] ボックスに表示されているブック名をそのまま使うか、新しいブック名を入力します。

使用できるテキスト ファイル形式

形式

拡張子

説明

テキスト (スペース区切り)

.prn

Lotus のスペース区切りの形式。作業中のシートだけを保存します。

テキスト (タブ区切り)

.txt

Microsoft Windows オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるタブ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

テキスト (Macintosh)

.txt

Macintosh オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるタブ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

テキスト (MS-DOS)

.txt

MS-DOS オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるタブ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

Unicode テキスト

.txt

ブックを Unicode テキストとして保存します。Unicode は、Unicode Consortium で開発された文字エンコード標準です。

CSV (カンマ区切り)

.csv

Windows オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるカンマ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

CSV (Macintosh)

.csv

Macintosh オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるカンマ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

CSV (MS-DOS)

.csv

MS-DOS オペレーティング システムでタブ、改行などの文字が正しく解釈されるカンマ区切りのテキスト ファイルとしてブックを保存します。作業中のシートだけを保存します。

DIF

.dif

データ交換形式。作業中のシートだけを保存します。

SYLK

.slk

シンボリック リンク形式。作業中のシートだけを保存します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×