[フロント エンド スクリプトの追加]

このダイアログ ボックスを使用して、スクリプトのみのアプリケーションをこのサーバーに追加します。スクリプトのみのアプリケーションとは、Office Communications Server の SIP Managed Application API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) の代わりに MSPL (Microsoft SIP 処理言語) スクリプト言語を使用するアプリケーションです。MSPL を使用すると、フィルタとプロキシの動作をより細かく制御できます。また、トランザクション ベースのセッション開始プロトコル (SIP) アプリケーションに特定のメッセージを送信できます。MSPL は、特に SIP メッセージのフィルタおよびルーティングに使用されます。MSPL アプリケーションは UserServices モジュールと同じプロセスで実行されますが、リアルタイム コラボレーション (RTC) API をベースとするプログラムは別のプロセスで実行されます。

[スクリプトのパス]

スクリプトのみのアプリケーションの場所を入力します。

[参照]

このボタンをクリックして、スクリプトの場所を指定します。

[スクリプト名]

スクリプトのみのアプリケーションの名前を入力します。この名前は、スクリプトの URI (Uniform Resource Identifier) とまったく関係がなくてもかまいません。複数のスクリプトのみのアプリケーションに対して同じアプリケーション名を付けることも可能です。

[URI]

アプリケーションを識別するためにスクリプトで使用される URI を入力します。アプリケーションを実行するには、この URI がスクリプト内の URI と一致する必要があります。URI は、「http://」で始まっている必要があります。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

詳細については、MSDN Web サイトの「Office Communications Server SDK」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×