[フラグ 1] ~ [エンタープライズ フラグ 20] フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[フラグ 1] ~ [フラグ 20] フィールドには、今後の操作や情報の識別のためにタスク、リソース、または割り当てがマークされているかどうかが表示されます。タスクをマークするには、[フラグ] フィールドの [はい] をクリックします。タスクをマークしない場合は、[いいえ] をクリックします。既定では、[フラグ] フィールドは [いいえ] に設定されています。

[フラグ 1] ~ [フラグ 20] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型   はい/いいえ

[フラグ 1] ~ 20] (タスク フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント    「はい」と「いいえ」を使用して示すデータをタスク情報に追加する場合は、ユーザー設定の [フラグ 1] ~ [フラグ 20] フィールドのいずれかを使用します。特定のタスクにマークを付けて、表示、フィルターによる抽出、書式設定、または編集を行う場合は、タスク シートにユーザー設定の [フラグ] フィールドを挿入します。[フラグ] フィールドを使用して、特定のタスクでガント バーの書式を独自に設定することもできます。

使用例    特定のタスクで特殊な経理情報を管理する必要があるとします。[フラグ] フィールドを挿入し、特殊な管理が必要な各タスクのフィールドで [はい] をクリックします。次に、[フラグ] フィールドにフィルターを適用し、[はい] とマークしたタスクだけを抽出して作業します。

解説    [ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスでは、[フラグ] フィールドに値リスト、式、および画像マークを指定できます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

[開催者] ダイアログ ボックスでは、作成したユーザー設定のフィールドを他のプロジェクト ファイルにコピーすることができます。また、ユーザー設定のフィールドに割り当てた独自の属性を削除することもできます。

[フラグ 1] ~ 20] (リソース フィールド)

入力の種類   計算または入力

使用のポイント    「はい」と「いいえ」を使用して示すデータをリソース情報に追加する場合は、ユーザー設定の [フラグ] フィールドのいずれかを使用します。特定のリソースにマークを付けて、表示、フィルターによる抽出、書式設定、または編集を行う場合は、リソース シートにユーザー設定の [フラグ] フィールドを挿入します。

使用例    請け負い業者のリソースがさまざまなグループに分散している場合に、リソースを確認したいとします。ユーザー設定の [フラグ] フィールドを挿入し、各請け負い業者のフィールドで、[はい] をクリックします。次に、[フラグ] フィールドにフィルターを適用し、[はい] とマークしたリソースだけを表示します。

解説    [ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスでは、[フラグ] フィールドに値リスト、式、および画像マークを指定できます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。[ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスを使用して、[フラグ] フィールド名を設定の情報を示すような名前に変更したり、フィールドに割り当てた独自の属性を削除したりすることもできます。

[開催者] ダイアログ ボックスでは、作成したユーザー設定のフィールドを他のプロジェクト ファイルにコピーできます。

[フラグ 1] ~ 20] (割り当てフィールド)

エントリの種類   入力済み

使用のポイント    「はい」と「いいえ」を使用して示すデータを割り当て情報に追加する場合は、ユーザー設定の [フラグ] フィールドのいずれかを使用します。特定の割り当てにマークを付けて、表示、フィルターによる抽出、書式設定、または編集を行う場合は、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート部分に [フラグ] フィールドを挿入します。

使用例    請け負い業者への割り当てを確認するとします。ユーザー設定の [フラグ] フィールドを追加し、請け負い業者への各割り当てのフィールドで、[はい] をクリックします。次に、[フラグ] フィールドにフィルターを適用し、[はい] とマークした割り当てだけを表示します。

解説    [ユーザー設定フィールド] ダイアログ ボックスでは、[フラグ] フィールドに値リスト、式、および画像マークを指定できます。式を指定すると、フィールドは読み取り専用になります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×