[フィールドまたはグループのプロパティ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[フィールドまたはグループのプロパティ] ダイアログ ボックスでは表示またはフォーム テンプレートのデータ ソースのフィールドまたはグループのプロパティを設定します。任意のデータの入力規則規則、または結合動作、および XML スキーマの詳細のフィールドまたはグループを指定するのにこのダイアログ ボックスを使用することもできます。

注: 表示このロックされた場合は、または、次のフィールド アイコン ロック済みフィールドのアイコン には、[データ ソース] 作業ウィンドウでグループ アイコン [ロック済み] グループ アイコン がロックされている、[フィールドまたはグループを変更することはできません。フォーム テンプレートのプライマリ データ ソースにフィールドまたはグループを追加した場合にのみ、これらのプロパティの値を変更できます。フィールドまたはデータベース、Web サービス、XML スキーマを XML ドキュメント、またはフィールドに基づくグループまたはのセカンダリ データ ソースでグループのプロパティを変更することはできません。

[データ] タブ

このタブに表示するフォーム テンプレートのデータ ソースのフィールドとグループのプロパティを変更して、設定を使います。

プロパティ

    このテキスト ボックス内のフィールドまたはグループの名前を入力します。名前には、スペースを含めることはできません。必要がありますアルファベット文字で始まるアンダー スコア (_)、や、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、および指定した期間に含まれていることができます (.)。[フィールドまたはグループの内容を説明する名前を使用します。たとえば、グループがある場合を明細"経費明細"グループの名前が表示されます。経費の合計金額を含む] で、フィールドの経費フィールド名を入力します。

種類     データ ソースの選択したアイテムがフィールドまたはグループのかどうかを定義します。フィールドには、一意の値が、グループは、他のフィールドまたはグループに含めることができます。

データ型     このリスト ボックスを使用すると、フィールドを含めることができるデータの種類を選択します。グループのリストは、このボックスは無効です。次の表は、フィールドの選択できるデータ型を示します。

データ型

使用する場合

テキスト

書式なしテキストが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

リッチ テキスト

書式設定されたテキストが含まれる要素フィールドでは、このデータ型を使用します。属性のフィールドのこのデータ型を使うことはできません。

整数

10 進数の値を使用しない数値を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

小数点型

通貨の値または 10 進数を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

True または False

2 つの値のいずれかののみデータが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

ハイパーリンク

要素または属性を統一リソース識別子 (URI)、または名前空間のハイパーリンクなどが含まれているフィールドでは、このデータ型を使用します。

日付

予定表の日付を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

時刻

24 時間制の時刻を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

日付と時刻に関する数式

予定表の日付と 24 時間制の両方が含まれている要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

画像または添付ファイル

画像や図などのバイナリ データが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

ユーザー設定

名前空間で定義されているユーザー設定のデータ型の要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。通常、このデータ型はフィールドまたはカスタム コントロールにバインドされているグループを使用します。このデータ型を選択すると、データの名前空間] ボックスが有効になります。

注: 次の表は、最も一般的な XML データ型だけでフォーム テンプレートを使用します。InfoPath では、World Wide Web コンソーシアム (W3C) の推奨事項の任意の XML 1.0 データ型を使用できます。表に記載されていないデータ型を使用するには、フォーム テンプレートの形式のファイルを抽出し、スキーマ (.xsd) ファイルを編集して必要があります。詳細については、「参照」セクション内のフォーム テンプレートをフォーム構成ファイルを抽出するへのリンクを検索します。

データの名前空間     このテキスト ボックスを使用すると、ユーザー設定のデータ型またはカスタム コントロールの統一リソース識別子 (URI) を定義します。このプロパティは、カスタム コントロールのデータ型のプロパティの要素のフィールドにのみ利用できます。フォーム テンプレートにカスタム コントロールを追加すると、このプロパティには、そのカスタム コントロールの値が含まれています。

繰り返し     フォームに要素フィールドまたはグループできる複数回に発生した場合は、このチェック ボックスをオンにします。リスト コントロール、繰り返しセクション、繰り返しテーブル、繰り返しセクションに含まれるコントロールまたは繰り返しテーブルが繰り返しフィールドと繰り返しグループにバインドされています。

空白にすることはできません。     このプロパティでは、フィールドにのみ利用できますが、グループでは利用できません。フィールドに値が含まれている必要がある場合は、このチェック ボックスをオンにします。フィールドには、値がない、このフィールドにバインドされているコントロールに表示される赤いアスタリスクが付いています。コントロールの種類によっては、赤いアスタリスクの代わりに赤色の破線を使用します。

既定値

    数値を入力するか、数式を追加するユーザーは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに、フィールドの初期値を生成するには、数式の挿入 ボタンの画像 をクリックします。グループには、このボックスは無効です。[参照] セクションで既定値と数式に関する詳細情報へのリンクを検索します。

この値の場合、数式の結果が再計算を更新します。     数式が計算されるたびにこのフィールドの値を自動的に更新するには、このチェック ボックスを選択します。

入力規則] タブ

追加、変更、またはフィールドを削除する、またはフィールドのデータの入力規則の順序を変更するのには、このタブで、設定を使います。グループには、このタブの内容が無効になります。「参照」セクション データの入力規則の詳細情報へのリンクを検索します。

データの入力規則の条件     このリストには、このフィールドに指定されているデータの入力規則のすべてが表示されます。かっこ内に表示するデータの入力規則が発生したときに表示されるポップ ヒントテキストとなる条件ごとを開始します。表示する順序では、ボックスの一覧で、各条件が適用されます。変更、削除、または再配置するデータの入力規則の条件を選択します。

追加します。     フィールドに新しいデータの入力規則の条件を追加するには、このボタンをクリックします。

変更します。     選択したデータの入力規則の条件を変更するには、このボタンをクリックします。

削除します。     選択したデータの入力規則の条件を削除するには、このボタンをクリックします。

上に移動します。     すべての条件を一覧に後に表示される前に、のフィールドに適用されるように、上の一覧で、選択したデータの入力規則の条件に移動するには、このボタンをクリックします。リストの 1 つのデータの入力規則の条件がある場合は、このボタンは無効です。

下に移動します。     リストの前に表示されるすべての条件の後のフィールドに適用されるように下の一覧で、選択したデータの入力規則の条件に移動するには、このボタンをクリックします。リストの 1 つだけの条件がある場合は、このボタンは無効です。

[仕分けルールと差し込み印刷] タブ

追加、変更、またはこのフィールドに適用されるルールを削除するか、ルールの順序を変更するのには、このタブで、設定を使います。この] タブの [を使って、ユーザーが他のフォームでは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを結合するときに発生するアクションを指定することもできます。メッセージを表示、既定値を設定し、ユーザーは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに発生する条件に基づいて、その他の操作を適用するのには、ルールを使用できます。[参照] セクションで [仕分けルールとフォームの結合に関する詳細情報へのリンクを検索します。

ルール

ルール    このリストには、すべてのフィールドまたはグループのルールが表示されます。ルールを適用できるは、フォームが開かれるか、条件または一連の条件で、かっこで表示されているときに発生するたびにします。変更、削除、または再配置するルールを選択します。

追加します。     このフィールドまたはグループに新しいルールを追加するには、このボタンをクリックします。

変更します。     選択したルールを変更するには、このボタンをクリックします。

削除します。     選択したルールを削除するには、このボタンをクリックします。

上に移動します。     フィールドまたはグループの前に、リスト内の他のルールを適用するための一覧で、選択したルールを上に移動するには、このボタンをクリックします。リストの 1 つのルールがある場合は、このボタンは無効です。

下に移動します。     リストの前に表示される他のルールの後のフィールドまたはグループに適用されるように下の一覧で、選択したルールに移動するには、このボタンをクリックします。リストの 1 つのルールがある場合は、このボタンは無効です。

フォームの結合

結合の設定    ユーザーが他のフォームでは、このフォーム テンプレートに基づくフォーム内のデータを結合するときに発生するアクションを設定するには、このボタンをクリックします。

[詳細] タブ

このタブには、[フィールドまたはグループの XML スキーマが表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×