[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] を使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[名前を付けて保存] を使用すると、作業している現在のファイルのコピーを別の場所に保存したり、別の位置に移動したりすることができます。

注: ファイルがOneDriveまたはSharePointに保存されている場合、コマンドは、コピーを保存すると呼ばれることがありますが、機能は同じです。

[この PC] をクリックすると [名前を付けて保存] のオプションが表示される

ファイルをクラウドに保存するには、アカウントで取得できる場所の1つを選び、必要に応じてサインインして、ファイルを保存します。

ファイルをコンピューターに保存するには、[この PC] を選び、ファイルを保存するフォルダーを選択するか、[参照] を選択して [開く] ダイアログボックスを使用して場所を検索します。

ヒント

  • OneDriveやSharePointなどの新しい場所を追加するには、[場所の追加] をクリックします。

  • [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックして、表示する最近使用したフォルダーの数を変更します。[表示] の [最近使ったフォルダーの一覧から固定表示を解除するフォルダーの数] ボックスで表示する数を設定します。[最近使用したフォルダー] リストに常に表示したいフォルダーがある場合、リストでそのフォルダーの上にマウスを移動し、右クリックして、[一覧に固定] を選択します。

  • Windows ドライブのルート (例: C:\) からファイルを開く場合、最初に管理者として Office アプリを実行する必要があります。

  • 古いバージョンの Office の [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使っていた場合は、それに戻ることができます。[ファイル]、[オプション]、[保存] の順にクリックし、[ファイルを開いたり保存したりするときに Backstage を表示しない] チェック ボックスをオンします。この設定は、すべての Office プログラムに適用されます。Office プログラムに対する設定を行わずに [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用するには、ファイルを保存するときに、Ctrl + S キーではなく F12 キーを押します。

  • [ファイル]、[オプション]、[保存]、[既定のローカル ファイルの場所] の設定は、コンピューター上のローカル ファイルのみに対する既定値です。他の場所に既定値はありません。[名前を付けて保存] を実行するたびに場所を選択する必要があります。

関連項目

ファイルを保存する

PDF として保存する

自動保存とは

他のファイル形式でブックを保存する

最近使用したファイルの一覧をカスタマイズする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×